> 記事 > 地域情報 > パースの冬と虹の関係

パースの冬と虹の関係

2013.09.10.(Tue)Chieko By.Chieko
カテゴリー:地域情報
タグ

 
はじめまして! ライターのChiekoです。
私は4か月ほど前に、日本から、ここパースにやってきました。 
夫と、2人の子どもと、4人家族で暮らしています。
娘は11歳。パースのprimary schoolに通っています。
息子は3歳。時々近所のplay groupに行きながら、毎日私と一緒に過ごしています。
 
海外生活も初めてだし、英語もとても堪能とはいえないので・・・毎日が「はじめてのおつかい」のようです(笑)。
買い物、子どもの学校のこと、日々の食事…などなど、クエスチョンの連続。
やっと、なんとなーくわかってきたこともあるけど、まだまだ手探りの日々。
パース在住初心者です。

(平田代表は、パースの生活については、ホントになんでも物知りです!!
いつも親切に色々教えてくれるので、救われてます!
ブログでもその豆知識を披露してくれることと思います!)
 
 ところで、先週のある朝のこと。
photo1-1
 
起きてふと外を見たら、こーーーーんなキレイなが、空いーーーーっぱいにかかっていました!
思わず写真を撮りまくりました!

まるで、

『お客さまにとって新たなフィールドへの架け橋へ!』

という、GITSのビジョンを表しているかのような・・・!



パースでは、7月8月が、いわゆる『冬』です。
そして、パースの冬は、雨の季節。

・・・と言っても、日本の梅雨のようではなく、一時的に風が吹いて、雨がバラバラっと降ったりザーッと降ったりして、
すぐに止む、というのを繰り返す感じです。
天気の移り変わりが素早く、1日に、穏やかな晴れと暴風雨を味わうこともよくあります。

こちらの天気予報では、このような雨を『shower』と言うようで、「Possible shower(雨の可能性あり)」とか「a few showers
(2,3回雨が降る)」、「chance of showers(雨の機会がある)」などの言葉が、頻繁に使われます。
そう予報で言われると、その日は朝晴れていても、1日のどこかで突然雨がザーッと降るのです。
(晴れているから洗濯物を外に干しはじめ、干し終わった頃に雨が降り出す・・・なんてことも、よくありました 涙)
 

けれど、たいていその雨は長くは続かずに上がります。
そして、すぐに陽が差してくる・・・

   ・・・その時に、よく虹が見えるのです!

パースに来てから、もう何度も虹を見ています。
こちらの人達は、もう見慣れたものかもしれません。
でもやっぱり、何度見ても、うれしくなって見とれてしまうものです。
 
パースでは、冬は観光的にはいわゆるシーズンオフなんだそう。
雨が降るのも、年間通じてこの時期だけなんだとか。
けれど、それだけこの季節の雨は、ここの人々や自然にとって、とても有難い恵みの雨なんだろうな、と思います。
そして、雨の季節ならでは、の美しい光景が見られる。
冬のパースもなかなか良いものだと思いました♪
 
 
天気予報で『雨』と言われると、傘を持たなくては、と思ってしまいますが、パースの人達はさすが、慣れたもの。
雨で濡れてもあまり気にならないようで、よほどの雨でない限り、傘をさす人もあまりいません。
すぐに止むことがわかっているからかな?
でもさすがに冬だし・・・風邪ひかないのかなぁ?などと私は考えてしまうのですが(笑)。

 
私は今年初めて、パースの冬を体験しましたが、冬と言っても日中は20℃前後の日が多く、
陽が差せば汗ばむくらいの温かさでした。
ただ、朝晩は、5℃以下~2℃くらいに冷え込む日がたびたびあって、霜の降りた日もまれにありました。
服装で言えば、朝10時くらいまでと、夕方5時以降は、さすがに防寒機能のある上着が欲しいかな・・・という感じですが、
昼間は、天気がよければパーカーなどを羽織るくらいで十分、陽が射さない日や風の強い日は、軽めのコートを着れば
ちょうどいい、という感じです。
タートルネックを来ている人も、あまり見かけなかったかな。
私は、この冬、日本から持って来た真冬用の厚手の上着は、1度も着ませんでした。
 ↑
でもこれは私の感想で、パースの人達は、日中は、半袖Tシャツやタンクトップにビーサンで歩いていることも
珍しくありません!
(一応、冬なのに~~~)
もちろん冬らしく、ニット帽をかぶったり、コートを着ている人もいましたが・・・。
女性で多いのは、カットソーにカーディガン、くらいの格好。
それでも日本の冬と比べたら、みなさん薄着です。
『冬』と一言で言っても、パースの冬はやっぱり日本とは全然違う印象でした!
 
9月に入り、そんな冬も終わり、いよいよパースの春を迎えつつあります。
とはいえ、天気予報によると、パースのこの一週間は雨が降ることが多く、雷もある様子。
まだしばらくは、雨が続きそうです。
 
それでも最近は、朝晩の最低気温も10℃前後で、「寒い~」という感じではありません。
昼間も温かく、晴れ間が出れば、すでに日本の初夏を思わせる天候です。
これから本格的に春を迎えるのが、楽しみです!
 
パースに暮らしながら気づいたこと、特に日本と違うところ、共通のところ。。。
生活するという視点から、紹介していけたらいいな、と思っています。 
パースでの生活に興味のある方、また、留学や旅行で訪れてみたい、と考えている皆さまのお役に立てれば幸いです。
 よろしくお願いします!
 
 
 

Chieko

Chieko
パース在住主婦ライター。13歳の女の子と5歳の男の子の2児の母。 2013年4月よりパース在住。西オーストラリアの食とファミリーライフをテーマとしたブログ「パースで手作りざんまい」執筆中。西オーストラリアの食材を使った家庭料理研究家。趣味はDIY,ガーデニング,音楽など。