> 記事 > WordPress プログラミング マメ知識 雑談 > WordPressの開発効率を上げる方法

WordPressの開発効率を上げる方法

2013.09.11.(Wed)Masahiro Natori By.Masahiro Natori
タグ

このたび、Gits International ウェブサイト上でブログを担当することになりましたMasaです。

2013年4月末にパースに来まして、現在パース在住4ヶ月目です。

日本では主に関東近辺に暮らしている期間が長かったのですが、パースに来る直前は香川県高松市に住んでいました。

もともと、日本の大手企業でシステムエンジニア兼プログラマとして、10年以上働いていましたが、

2012年秋に依願退職し、半年間の準備期間の後、家族でパースにやってきました。

現在オーストラリアで暮らしていますが、ワタシにとっては海外自体にまったく慣れているわけではなく、海外へも1度しか行ったことがないくらいで、まったく現実として捉えられないくらい遠い話でした。そんな状況から海外で生活を始めることになったので、言葉の壁、文化の壁など、毎日が苦労の連続です。
そんなパース(オーストラリア)移住初心者向けの話もしていけたらと思っています。

 

あとは、ワタシの専門分野であるプログラムとか、PCの技術的な話なんかも書いて行きたいと思っています。

今日ご紹介しようと思うのが、WordPressでのウェブ制作の効率を上げる方法です。
GITSに入社してまだ2ヶ月程度なのですが、この間にいくつかのWebページ作成作業を行ってきました。

日本で勤めていたときにはWebに関わってたというと、イントラネットで情報共有を試みたり、人が作成したWebシステムのバグチェックのお手伝いなどはやってましたが、ウェブサイトを作成自体を仕事としてはやっていませんでした。

ですが、自分用のWebサイトを作ったり、Photoshopで画像加工をしたり、CGIプログラムを作成したり、といったことはもう10年以上やっているので、これまでの経験が役に立っています。

GITSでWebページの作成、修正などの仕事をする場合ですが、やり方はさまざまです。

テキストエディタでHTMLを直接書く場合もありますし、DreamWeaverで修正することもあります。

ただ、やはり多いのはWordPressを使用するケースです。

WordPressというのは、HTMLという謎なコードを知らなくても、プロっぽいページが手軽に作れるツールのようなもので、

作業の手軽さというのは大きなメリットです。

ただ、多少構造を理解するのに時間が必要ですし、

「このページのこの画像を右に動かしたい」といったときに、どこを修正すればいいのかがわかりづらいという難点があるのも確かです。

そして、そのWordPressでのWeb作成作業をしているときに

ワタシはあることをすることで、作業効率がかなり上がりました。

それは・・ PCのモニターを縦(portrait)にすることです。
現在PCを2画面使用して作業しているのですが、その画面ひとつを縦にしました。

portrait display

はじめは、「あ、このモニター縦にもできるんだ。やってみるかな」くらいの軽い気持ちでやってみたのですが、

実際にこの形で作業してみると、効率の良さに驚きました。

まず、物理的に画面に表示されるソースの量が1.5倍以上になります!
試しに横置きのモニターでViViエディタ(10年以上愛用中)を表示してみたところ、最大57行表示できてましたが、

縦置きにするとなんと、91行も表示できました!

 

表示される範囲が広ければ、まず、ソースをスクロールする手間も減ります。

そして、見通しが利くようになるので、コードを探す手間も減ります。

左の画面でコード(PHP、CSS)の修正を行い、右画面で画像の作成や、修正後のイメージ確認などを行うと大変効率がよいです。

回転が可能なモニターを持っている方、是非試してみてください!

 

 

Masahiro Natori

Masahiro Natori
こんにちはMasaです。39歳の時に16年勤めた会社を辞め、2013年4月に家族で日本からパースに引っ越してきました。2013年6月よりGITSに勤務。2014年1月にGITSのサポートでProgrammerとして457ビザを取得。 趣味は音楽を聴くことと、部屋のレイアウトを変えること、ドライブすること。