> 記事 > 雑談 > 30歳までのあなたにどうしても言いたいこと

30歳までのあなたにどうしても言いたいこと

2013.09.13.(Fri)Nao Haruyama By.Nao Haruyama
カテゴリー:雑談

みなさん。はじめまして!
金曜日のライターを担当することになりましたNaoです。

 

2468


自己紹介

昔から英語が苦手で中学、高校と「留学するわけでもないんだし」と、適当に英語の授業を受けていた私です。本当に今思えば反省ですが…。日本で気ままに過ごしていたのですが、旅行で訪れたパースが気に入り、その半年後にワーキングホリデービザを取得し、2012年2月25日に渡豪。

一年間、日本食レストランで働いたり、GITSのお仕事をしたり、一年間はあっという間に過ぎました。語学力を高めたくなり、今度はスチューデントビザを取得して、現在は語学学校に行きながら、仕事も続けています。パースでローカルの仕事を得るのが夢なので、今はそれに向けて英語と向き合う日々を送っています。

このブログでは

・オーストラリアに興味のある人
・オーストラリアに行くことを考えている人
・オーストラリアで生活してる人

いろんな人のため、オーストラリアのパースに住んでいるからこそ解るいろんなことを紹介していきたいと思っています。

30歳までのあなたへ

オーストラリアのワーキングホリデービザが取れるのは30歳までです!!(申請の段階で30歳であれば可能です、オーストラリアに入国するまでに一年の猶予があります。つまり30歳でビザの申請を済ませていれば、31歳で入国可能ということです。)オーストラリアに来てみて、ワーホリとスチューデントを経験し、ワーホリがどれだけ貴重か体感しました。

スチューデントビザだと仕事を得ることができても、20時間しか働くことが、できません。そして学生がメインなので、出席日数をクリアしてないと、強制送還され、4年間オーストラリアに入国できなくなるということもあります。観光ビザでは働けません。

そのぶん、ワーホリビザは、好きなだけ働けて、好きなだけ学校に行けます。もちろんお金と語学に自信のあるかたや、のんびり観光したい人は、何もしなくてもいいのです。(セカンドワーホリを取得したい場合は、はじめのワーホリの一年のあいだに3ヶ月、ファームに行き、仕事をする必要があります。)スチューデントビザを取得してみて、はじめてワーホリビザの素晴らしさに気づきました。日本にいると気づきませんが、30歳を越えると、捨ててしまう大切なチケットをあなたは持っているのです。

簡単に捨ててしまって、後悔しませんか?

ワーホリビザは一年有効ですが、帰国したければ、飛行機のチケット一つですぐ日本へ帰れます。英語も話せないし、留学なんて…と思わず、一度体験してほしいと思います。きっと忘れられない一年になるはずです。日本に住んでいては解らない、日本のいいところ、悪いところを初めて感じると思います。

このブログでそんなお手伝いができたら幸いです。27歳の女の子だから解る、考えるいろんな情報を伝えていきたいと思います。よろしくお願いします。

次回は留学の3ステップについて書きます。

Nao Haruyama

Nao Haruyama
1986年に日本で産まれ、日本で育つ。ずっと病院で勤務をしていたが、旅行で訪れたPerthに惚れ込み2012年2月に渡豪。とにかくPerthの魅力をいろんな人に伝えたい願望が強い・・・でも日本にいる愛犬がたまに恋しい。みなさんのため、GITSスタッフのためベストを尽くす、読書好きライター。