> 記事 > 雑談 > 時代はもはやAR!IKEAの家具を実際に目の前に配置する事ができるIKEAアプリを使ってみた。

時代はもはやAR!IKEAの家具を実際に目の前に配置する事ができるIKEAアプリを使ってみた。

2013.09.26.(Thu)Kei Hirata By.Kei Hirata
カテゴリー:雑談

皆さんどうも、こんにちは!午前はパソコン・iPhone修理屋さん、午後はITコンサルタント、夜はウェブエンジニア、そして夜中はブログライターの平田です。突然ですが、皆さんはお洒落な家具は好きですか?日本に居ると家具を購入するだけでも移動が大変ですが、広い広いオーストラリアでは家も広いのである程度大きい家具が置けるので非常に嬉しいです。

しかし、そんな家具選びって難しいですよね?私が良く行く家具屋さんは日本にもあるIKEAなんですが、買った家具が自分の部屋に合うかどうか、大きさも合うかどうかの確認をしなければいけません。お店では気に入って買っても自宅に持ってかえるとなんか部屋とデザイン合わなかったりしてガッカリした経験もあるかと思います。

しかし、この度IKEAが全てを解決してくれる素晴らしいアプリをリリースしたので、今日はご紹介したいと思います。

IKEAカタログアプリ

現在ではまだiPhoneにしか対応してませんが、iTunes storeからダウンロードしたIKEAカタログのアプリをではiPhoneのカメラでカタログをかざすだけで現物スケールの家具が画面上に浮き出てくるという優れもの!カタログに載っている商品を単純にiPhoneアプリでかざすだけで、デザインが部屋にマッチしているか、実際に部屋に置くスペースがあるか、などが行えるようになっています。

実際に使用しているムービーはIKEA公式のyoutubeチャンネルからご覧いただけます。

 


アプリを使用している様子

中腰でパソコンを使用している男性や、本を読んでいる子供などかなり不思議な光景ですが

1
 

IKEAのアプリを起動すると実際に真ん中にテーブルが出現!右下のカメラボタンを押す事で写真を撮ることができます。

2
 

普通にはありえないこんな写真もIKEAアプリなら簡単に撮影できます。

3
 

大人一人と子供の間にカタログを置いて一体何をしているんでしょう?

4
 

なるほど!笑 アプリ越しでみると長い人が寝ているみたいですね。笑

5
 

今度は一体何をしているのでしょう?

6
 

椅子に座っているところを撮影したかったのですね。

7
このようにIKEAのアプリを使用する事で実際に部屋に家具があるように見えるので、部屋のデコレートも簡単ですね!

 

実際にIKEAアプリを使ってみた

と言う事で、実際にアプリを使ってみました。まずはiTunes App StoreにてIKEAカタログ用のアプリをダウンロードし、インストール。インストールのさいにお住まいの国と言語を指定しなければいけないので、自分の住んでいる国を指定してください。

このアプリを動かすには最新版のIKEAのカタログが必要です。IKEAの表紙を印刷した物でも良いそうですが、そうすると実物の大きさが分からなくなるそうなので、IKEAよりカタログをもらってくる事をお勧めします。

写真 2013-09-26 17 04 49
早速IKEAに行ってパンフレットGET。使用してみました。

まずはカタログから商品選び。ここでAR化させたい商品を選んで専用アプリでカタログをかざします。

写真 2013-09-26 17 11 29

ページの右側に「+」マークがあるページのみアプリで読み込めます。アプリでパンフレットをかざすとこんな感じ。

写真 2013-09-26 17 12 02

おお!!なんか3Dっぽいのが出てきた!!!

 

写真 2013-09-26 17 12 11

 

アプリの指示通りにカタログを閉じて、家具をおきたい場所にパンフレットを設置。事務所の床に置いてみました。

写真 2013-09-26 17 17 13

 

おお!!!椅子が登場!!!

写真 2013-09-26 17 12 47

下に商品一覧が出ているので商品の変更も可能。違う形の椅子おいてみました。

 

写真 2013-09-26 17 17 00

 

次はソファーを設置。う~ん・・・ウチの事務所にはちょっとでかすぎる・・・

写真 2013-09-26 17 15 58

まとめ

このようにIKEAアプリではAR機能を使ってカタログから好きな商品を部屋に置くことができます。AR技術は結構昔からありますがこうやって私たちが簡単に使用できるようになったのはここ最近の話です。

googleではメガネ型端末のグーグルグラスなどの開発も進めており、今後ARの需要は増えてくると考えられます。次はどんなARを使ったサービスが登場するか非常に楽しみです。

Kei Hirata

Kei Hirata
1985年にシンガポールで生まれ、日本、オーストラリアへ渡り、専門学校卒業後、大学でITを専攻。大学在住中にオーストラリア・パースでウェブ制作やPCメンテナンスなどのIT関連の事業を開始。その後、法人化し現GITS Internationalの代表に就任。
  • facebook
  • twitter