> 記事 > 雑談 > 海外在住の日本人にとってスマートフォンを持つ事の利点

海外在住の日本人にとってスマートフォンを持つ事の利点

2013.09.30.(Mon)Kei Hirata By.Kei Hirata
カテゴリー:雑談
タグ

皆さん、どうもこんにちは。すっかり休日モードの平田です。実は本日は数少ない西オーストラリアの祝日でして土、日、月曜日と3連休でした。土日と天気が悪かったパースも今日は珍しく朝から快晴。非常に良い祝日となりました。

さて、いきなりですが海外在住者の皆さんでスマートフォンをお持ちの方はどれぐらいいらっしゃいますか?最近の留学生の子たちはわりとお持ちの方を見かけますが、本日はまだスマートフォンをお持ちでない方のために、スマートフォンを持つ事のメリットについて書きたいと思います。

スマートフォンとは?

スマートフォンとは、携帯電話・PHSと携帯情報端末(PDA)機能が付いた携帯端末のことを表します。現在オーストラリアでは、アップル社のiPhoneやサムスン社のGalaxyなどが販売されています。スマートフォンの大きな特徴は、その多種多様な機能にあるといえるでしょう。従来の携帯電話・PHSにも備わっている音声通話やメール機能だけでなく、インターネット閲覧などの本格的ネットワーク機能、PDAが得意とするスケジュールや個人情報の管理などもスマートフォンで行えます。

とはいえ実際に使用してみなければ、スマートフォンの良さはなかなか実感できるものではないでしょう。そこで、少しスマートフォンの代表的なメリットをおさらいしてみたいと思います。

日本語でメッセージのやりとりができる

私たちのようにオーストラリアに住んでいると、携帯端末のメッセージで普通に日本語でのやりとりができるのはうれしいことでしょう。スマートフォンはEメールの送受信に対応していますので、パソコンや日本の携帯電話と日本語メールによるコミュニケーションが当たり前のようにできます。もちろんスマートフォンに、通常使っているメールアドレスを設定することも可能。スマートフォンを持てば、例えば簡単な仕事メールもパソコンを起動せずに返信できるというわけです。

アプリがインストールできる

スマートフォンには、さまざまなニーズに合ったアプリケーションが用意されています。ユーザーは好きなアプリをインストールすることで、より便利な機能を追加できるというわけです。スマートフォンの多くにはGPS機能が搭載されており、Google Mapなどの地図アプリを使用すればカーナビ代わりにもなります。スマートフォンがあれば、道に迷うということもなくなるでしょう。またSkypeやViberなどのVoi pアプリなどは、インターネットにさえつながっていればアプリを持つ世界中の人々と無料で音声・動画通話やメッセージのやりとりを楽しむことができます。その他にも、自分のライフスタイルに合ったアプリがスマートフォンをより便利なツールへと変化させてくれるでしょう。

高性能+大画面

スマートフォンの利点といえば、何といってもその高い性能。一般的な携帯電話と比べて大画面なので、パソコン向けのインターネットサイトもストレスなく閲覧できます。またカメラも画素数だけでなくズームやフォーカスなど高性能で、カレンダーによるスケジュール管理や地図検索、世界時計など、携帯電話では操作が難しかった機能も簡単かつ充実化しています。またスマートフォンは無線LANによるインターネット接続が可能なため、自宅や外出先の無線LANスポットでインターネットを楽しむことも可能。これらは、ほとんどの携帯電話にはなかった機能です。

テザリング機能

オーストラリアで販売されているスマートフォンは、ほとんどのキャリアが“テザリング機能”を開放しています。テザリング機能とは、スマートフォン経由でパソコンやiPadなどのタブレット端末をインターネットに接続できるというもの。たとえ自宅にインターネット環境が整っていなくても、スマートフォンさえあればインターネットが利用できるというわけです。キャリアや契約プランによってテザリング機能の使用料やデータ容量は異なりますが、外でもスマートフォンさえ電波が入っていれば、パソコンなどをインターネット接続できるのは大きな魅力といえるでしょう。

音楽や動画の再生

スマートフォンは通常の携帯電話と比べて、ハードディスク容量や画面サイズなどから動画・音楽再生でも優れています。またYouTubeなどの動画サイトにも対応している場合が多く、どこからでも動画を楽しむことができます。

まとめ

このように、スマートフォンは非常に優れた携帯端末であるといえるでしょう。特にオーストラリアに住む私たちにとっては、欠かせないツールの一つとして利用する方も増えています。上記に挙げたのは、スマートフォンの持つ利点のほんの一部にすぎません。他にもスマートフォンには、使い方次第でまだまだ多くの可能性が秘められています。

もちろん高機能な分だけ、設定・操作が難しいという声もよく聞こえてきます。しかし少しだけ使い方を学べば、思ったほど難しいものではないでしょう。誰でも、簡単に使いこなすことができます。まだスマートフォンを使っていないという方は、ぜひスマートフォンへの機種変更をお勧めします。

Kei Hirata

Kei Hirata
1985年にシンガポールで生まれ、日本、オーストラリアへ渡り、専門学校卒業後、大学でITを専攻。大学在住中にオーストラリア・パースでウェブ制作やPCメンテナンスなどのIT関連の事業を開始。その後、法人化し現GITS Internationalの代表に就任。
  • facebook
  • twitter