> 記事 > マメ知識 雑談 > タブレットを買うかどうか迷っている方必読!初心者にもわかりやすくタブレットPCを解説

タブレットを買うかどうか迷っている方必読!初心者にもわかりやすくタブレットPCを解説

2013.10.07.(Mon)Kei Hirata By.Kei Hirata
カテゴリー:マメ知識 雑談
タグ

P1011263

 

皆さん、こんにちは!まだまだ3連休の余韻に浸っている平田です。パースでは先月からずっと降り続けていた雨もようやく上がり、春らしい季節になってきました。東のほうでは昨日からサマータイムが始まり西オーストラリアとの時差が3時間となりました。実は私は昔からの花粉症でこの季節は本当に辛く、正直雨が降り続いてくれるほうが花粉もそんなに飛ばないので楽だったりします。

さてさて、本日はそんな花粉症に苦しんでいる中で今流行りのタブレットPCについて初心者向けに解説してみたいと思います。

タブレットPCとは

タブレットPCとはタブレット機能を備えた小型パソコン端末のことであり、最近では7~12インチ程度のタッチパネルに対応したAppleのiPadやSamsung Galaxyなど携帯端末向けのOSがインストールされた電子端末のことをいいます。スマートフォンよりも大きい画面が搭載されているため操作性が良いことが特徴です。

ノートパソコンよりも軽く電池持ちが良いためどこでも持ち運びができる点から、タブレットPCはスマートフォンとノートパソコンのちょうど中間の役割を果たす機器として注目されています。

スマートフォンとの違い

タブレットPCはスマートフォンと近い存在で あるといえます。 ウェブサイトの閲覧 、動画鑑賞・音楽視聴など両者ともできることに共通点がたくさんありますが、徹底的な違いはタブレットPCには電話機能がないことです。しかし。、端末自体もスマートフォンより大きいため、タブレットPCの方がスマートフォンに比べると性能が高い場合がほとんどです。

例えば、インターネットからダウンロードした動画を再生する場合に、タブレットPCの方が画面サイズが大きいため、複数の人に動画を見せる場合でも視聴しやすく、スマートフォンより性能が高いことから高画質の動画も止まることなく滑らかに再生させることができます。他にもスマートフォンとの違いはありますが、簡単に言うと「スマートフォンより性能が良く、電話機能を取り除いた面の大きい電子端末」がタブレットPCといえます。

ノートパソコンとの違い

タブレットPCとノートパソコンの違いは非常に曖昧です。電話機能の有り無しが最も分かりやすい違いですが、最近ではパソコン上でできる簡単な作業のほとんどはタブレットPC上でできてしまいます。一般的にはタブレットPCはタッチパネルで操作することから、パソコンのようにキーボードやマウスなどは使用しないという点が分かりやすい違いではありますが、最近ではキーボードを接続して使用するタブレットPCもあれば、キーボードを使用しなくても操作できるノートパソコンもあります。

特にWindows 8がリリースされてからは、タッチパネルに対応しているコンパクトで持ち運びやすいノートパソコンが発売されているため、ノートパソコンとタブレットPCの違いが今後はますます曖昧になっていくと考えられます。しかし、使い方次第でその役割がハッキリと見えてきます。

例えば、インターネットによる調べものやメールのやりとり、動画の視聴や音楽鑑賞などはノートパソコンでもタブレットPCでも でき多少の操作性は違っても両者とも向いているといえます。ですが、動画の作成や音楽の編集を行う場合は性能の高いハードウェアや高機能なソフトウェアが必要となるため、タブレットPCだけでは非常に作業が困難だといえます。もちろん、タブレットPCだけでの動画・音楽の編集は全く不可能というわけではありませんがが、性能の高いノートパソコンで行う方が効率が良いといえます。

また、同じ理由から タブレットPCは動画に限らずWord Excelで作成した文章 の作成や編集にも向かないといえます。

さまざまな活用法

パソコンと比べてシンプルなデザインの作りから操作性が良く、初心者でも慣れてしまえば簡単に使うことができるため、さまざまな場面で活用できます。特にウェブサイトの閲覧やメールのやりとり、動画サイトの動画の視聴や電子書籍などの閲覧には非常に適しています。

またパソコンと違い、電源を入れっ放しの状態で利用するスタイルのため、ちょっとした調べものにはパソコンを起動する必要がなく、使用したい時にすぐに使えるという点は非常に大きなメリットです。スマートフォンに対応しているアプリの大半はタブレットPCにインストールすることができるため、現在スマートフォンで使用しているアプリもそのまま使えます。GPSを搭載しているタブレットPCの場合は車に積むことでカーナビとして利用可能に。音声を車のスピーカーと接続すればカーオーディオとしても使えます。

ビジネスマンにとっても非常に便利なツールです。カレンダーによる予定管理も簡単に行えるだけでなく、取引先に見せる資料などもパソコンを起動することなく見せることができるため、プレゼンテーション時にも非常に役に立ちます。

まとめ

今回、ここに書かせていただいたのはほんの一例で、タブレットPCの活用術は使用者の工夫によってさまざまな方法が考えられます。

これからタブレットPC購入を検討 されている方、ノートパソコンとタブレットPCの購入で迷っている方への参考になれば幸いです。

Kei Hirata

Kei Hirata
1985年にシンガポールで生まれ、日本、オーストラリアへ渡り、専門学校卒業後、大学でITを専攻。大学在住中にオーストラリア・パースでウェブ制作やPCメンテナンスなどのIT関連の事業を開始。その後、法人化し現GITS Internationalの代表に就任。
  • facebook
  • twitter