> 記事 > パース紹介 マメ知識 地域情報 雑談 > パースで行われたLUPICIAのお茶講習会に参加してきました・後編

パースで行われたLUPICIAのお茶講習会に参加してきました・後編

2014.06.06.(Fri)Nao Haruyama By.Nao Haruyama

こんにちは、Naoです。

5月30日と31日にパースで行われたルピシアのお茶会に参加してきました。

メルボルンからRYU先生がパースに来てくださり、いろいろ教えてくれました。

こちらが前編になります。

そして前回の続き、後編です!前編ではお茶についていろいろ学びました。

前編の目次

1.お茶の木は何種類?
2.お茶の種類
3.お茶のグレード
4.お茶の効能
5.おいしいお茶のいれかた
6.お茶とお菓子のおいしい組み合わせ

 

後編では学んだことを実践していきましょう!

後編の目次

7.試飲したお茶
8.プロがやっている簡単でおいしい淹れ方を伝授
9.お土産とショッピング
10.嬉しいお知らせ
11.まとめ

 

試飲したお茶

講習会中に3種類のお茶が出てきました。

試飲

1種類目・・・さくらんぼ(甘酸っぱい香りの日本のさくらんぼの紅茶。)

IMG_0207

 

2種類目・・・ウルル(オーストラリア限定で売られている3種類のお茶のひとつ。)

IMG_0209

 

3種類目・・・キームン・クイーンズホープ(カフェインが弱く、花蜜を思わせる甘やかな香りと上品な味わい)

IMG_0219

お茶菓子

3種類目のお茶と同時にでてきたのが、お茶菓子でした。

IMG_0221

 

みなさん、おいしい!どこで買えるんですか?と聞いていましたが、なんとRYU先生のパートナーの手作りということでビックリ!!種類もたくさんありましたが、どれもおいしかったです。

IMG_0208

 

RYU先生が入れてくれたお茶

オーストラリア限定のお茶のひとつ、SOUTHERN CROSSを使っていれてくれました。基本的なホットティーの入れ方を実演してくださいました。

ティーポットはルピシアのハンディークーラーを使用しました。

IMG_0214

 

1.缶に入った茶葉をティースプーンですくいます。

IMG_0215

 

2.ルピシアのハンディークーラーの茶こしの部分に茶葉を入れます。

IMG_0216

 

3.お湯を入れて数分まちます。

IMG_0217

 

4.カップにサーブします。

IMG_0218

 

プロも使っている一人分のおいしいお茶を入れる方法

洗い物も少なく、手軽に一人で楽しめる淹れ方をRYU先生が教えてくれました。

それを私がお家に帰宅してから実践してみました。

 

用意するもの

お気に入りの茶葉、同じ種類のマグカップAとB、ティースプーン、茶こし、タイマー

IMG_0232

 

お茶をいれるうえで大切な、茶葉の量、お湯の温度、蒸らし時間は(缶の場合は一緒に入っている紙、袋の場合は袋に)記入されていますので、そちらを参考にしてください。

IMG_0233

 

淹れ方

1.カップAに茶葉を入れます。

(この茶葉を見ただけでなんのお茶を使ったか解った人はかなりのルピシアマニアですね?

答えは一番下です!)

IMG_0234

 

2.お湯をそそぎます。(袋に記入されている通りの温度で。)

IMG_0235

 

3.もうひとつのカップBを上から被せて、蒸らします。

IMG_0238

 

4.記入通りの時間、蒸らしたら、上のカップBの上に茶こしをのせ、カップAに入っているお茶を注げば出来上がりです。

IMG_0239

IMG_0240

IMG_0241

 

洗い物も少なくてすみますし、ひとりで飲みたいときに最適な飲み方ですね。簡単なので実践してみてください。

 

お土産とショッピング

たっぷり2時間、お茶のお勉強をして、お茶を試飲して大満足でしたが、帰る際になんとお土産までいただいちゃいました。

IMG_0249

 

左がお土産の袋です!何が入っているのか、それぞれ違うみたいなので開けるのが楽しみでした。

右の可愛い紙袋はRYUさんがメルボルンから持ってきてくれた、ルピシアのお茶を買ったときにこちらに入れていただけました。

RYUさんがたくさん持ってきてくれたお茶がこちら!

IMG_0205

IMG_0206

 

ずっ と行きたかったルピシアのお店が、目の前にやってきた!と思うほどのたくさんの種類にどれを買って帰ろうか・・・迷いました。

そんなときもRYU先生が細 かく、いろいろ教えてくれたので、お茶に対しての疑問がたくさん解決されました。これからお茶を選ぶのがさらに楽しくなりそうです。

さらに、RYU先生のおススメ のお茶も教えてもらいました。

 

嬉しいお知らせ

今回、参加を逃してしまったかたに嬉しいお知らせです!

RYU先生が少しパースのためにお茶を残していってくれました。

それがこちら!

桜や桃など人気のお茶です。桜の缶などは毎年、缶のデザインが変わるため限定商品で、今しか手に入りませんよ!

IMG_0226

 

オーストラリア限定のお茶

こちらの3種類はなんと日本では手に入らないオーストラリア限定のお茶です。

IMG_0225

 

日本へのお土産にも喜ばれるお茶ですし、缶もかわいいです。詳しくはこちらのサイトへ

Australis

こちらは緑茶です。ジャスミン、ドライマンゴ、ワトル(ミモザ)オーストラリアのお花の香りがします。

ULURU

こちらは紅茶です。レモンマートル(シトラス系のハーブ)、マリーゴールド、サフラン、ハチミツ。

SOUTHERN CROSS

こちらも紅茶です。パッションフルーツ、ユーカリ。香りがとても素敵でした。

 

なんとこちらのAustralis!普段は15ドルが10ドルで買えるキャンペーン中です!

パースで買えて、このお値段は嬉しい!!

IMG_0213

 

こちらで買えます

場所 d.o.a Australia / トラベルラウンジ
住所 273 Hay Street East Perth のグランドフロア
お問い合わせ (08)9221 9033
営業時間 月~金 9時~5時半

数が少ないので、売り切れる前にお急ぎください。

 

他のお茶が欲しい場合はルピシア、メルボルンサイトから購入できます。こちら

100ドル以上のお買い上げで送料が無料になるそうです。

 

まとめ

今回、このお茶会に参加したことで、さらにお茶が好きになりました。前編・後編だけでは、書ききれないほどの知識をたくさん教えてもらい大満足の2時間でした。(全てを書くと10記事でも収まらないかもしれません・・・。)そしてもっと学びたいなと思いました。また、このような講習会が行われる際は、こちらでも告知させていただきますので、今回参加できなかったかた、また参加したいかたは要チェックです!

参加されたかたは、お土産のお茶や購入されたお茶を楽しまれたでしょうか?

参加できなかったかたも、こちらの記事やルピシアさんのサイトを参考にしながら、おいしいお茶を飲んでいただけると嬉しいです。

 

答え

私が自宅でプロが淹れる淹れ方を実践した写真で使った茶葉は『さくらんぼ』です!

当たったかた、すごいですね!

 

 

Nao Haruyama

Nao Haruyama
1986年に日本で産まれ、日本で育つ。ずっと病院で勤務をしていたが、旅行で訪れたPerthに惚れ込み2012年2月に渡豪。とにかくPerthの魅力をいろんな人に伝えたい願望が強い・・・でも日本にいる愛犬がたまに恋しい。みなさんのため、GITSスタッフのためベストを尽くす、読書好きライター。
  • facebook
  • twitter