> 記事 > スポーツ パース紹介 地域情報 雑談 > 気分爽快!パースの冬の過ごし方。美しい町を眺めながら・・・

気分爽快!パースの冬の過ごし方。美しい町を眺めながら・・・

2014.07.04.(Fri)Nao Haruyama By.Nao Haruyama

こんにちは、Naoです。

朝や夜の気温は10℃以下になることも多く、まわりでも風邪が流行っています。私も先週は風邪をひいてしまい、一週間ほど寝込んでしまいました。そんなとき何もすることのないと言われる冬のパースでも寝込んでいると辛いなぁと思いました。

風邪がよくなってきてからは、以前より活発に過ごしています。

今回は寝込みながらも考えた!?パースの冬の過ごし方です。

前の記事は、寒い日に丁寧にお茶をいれて飲むお話をしましたが、今回は行動編でいきます。

 

IMG_0502

ランニング

風邪をひいたときに一番に考えたことは体力をつけなくては!ということです。普段これといって運動をしていない私なので何が一番いいのか考えました。お金もかからず、気楽にできる‥それがランニングです。

必要なもの

ランニングシューズ‥普段の靴で走ってしまうと足を痛めてしまうので、ランニング用の靴があればいいと思います。初心者は足を痛めないようにソールの厚いものがいいそうです。自分にあった靴を店員さんと相談しながら見つけましょう。それにお気に入りの靴があればやる気もでます。

ランニングウェア‥普段着では走れないので運動用の服が必要です。自分にあった機能(汗をかきやすいので、乾きやすいものにするなど。)と好きなデザインを選びます。かわいいランニングウェアも多いので選ぶのも楽しいですね。

携帯のアプリ‥特におすすめなのがこちらです。IT会社としておススメしたいのが携帯のアプリを使用して走るということです。ランニング用のアプリを使って走れば、どこをどれだけ、どのくらいのスピードで、どのくらい走ったのかを記録してくれます。これを使えば前回の比較とも簡単ですし、自分で覚えていなくても、アプリが記録しておいてくれるので安心です。目標を設定して、それに向かっていくこともできます。

準備

まずは計画です。いつ、どこを、どれだけ走るのか。

そして大切なのが準備運動です。普段、運動しない人がいきなり走ると体を痛めてしまうこともあるので準備運動は必ずしましょう。

必要なもの

服を着て、靴を履きました。さて走るときは何を持っていけばいいのでしょうか。

鍵、携帯、水分補給用のお水、タオル、万が一のためのお金などなどあります。けれども走っているときに物はあまり持ちたくない、ポケットなどに入れると揺れてしまい、走りにくいですよね。

私は鍵は小さなポーチに入れてポケットにいれています。ポーチはポケットにきっちり収まるサイズなのであまり揺れませんし、ポケットがチャックつきなので落とす心配もありません。

携帯は手に持って走っていました。しかし走っているときに腕に巻けるケースを使っている人を見ました。便利そうなので本格的に走るときにはあればいいと思います。

お水は近所の公園を走るときは持っていきませんが、遠出するときは車に置きっぱなしで走りました。長い距離を走りたいときは、お金を持っていき途中で買うのもいいでしょう。

冬に走っているときには、夏ほど汗はかかないので、家か車に置きっぱなしでした。汗かきの人や、日焼けが気になる人は首にまくのがいいでしょう。

お金は最小限だけ持っていきます。お財布も持っていきません。少額だけ鍵を入れているポーチに入れています。

今回は一例を紹介しましたが人によってさまざまなので、走っていくうちに走りやすいよう調節していってくださいね。

 

走り方

ウォーキング

はじめから飛ばしすぎないようにしましょう。走るのが苦痛な人はウォーキングからはじめてもいいと思います。ランニング中でも歩いている人をたくさん見かけました。パースはきれいな場所が多いので散歩がてら歩くのもいいでしょう。

ジョギング

歩くのに慣れてきたらジョギングがおススメです。しっかり走るのではなく、会話できるくらいのスピードで無理なくゆっくり走ります。

ランニング

慣れてきたり、思いっきり走りたくなったら、いよいよ本格的に走ります。アプリを使いこなしながら、ランニングが楽しめると思います。大会など調べて参加するのもいいでしょう。

 

時間帯

走るのにお勧めなのはやはり朝です。空気のきれいな朝に走るときもちいいです。少し早起きして、朝からランニング!素敵な1日が過ごせそうですね。

仕事や学校の関係で走れない人は夕方もいいでしょう。ただオーストラリアは日本ほど治安はよくなく、冬は暗くなるのも早いので暗くなってきたら切り上げましょう。

平日は少しだけにして、お休みの日に長時間しっかりトレーニングするのもいいでしょう。自分の身体と相談しながら無理しない程度にしてくださいね。

 

IMG_0503

 

まとめ

苦手な人や嫌な人も多いランニングですが、自分のペースでゆっくり走っていると身体も心も元気になります。これだけ走れた!と達成感もあります。寒いパースの冬に家に閉じこもっているのはもったいないです。近所の公園やキングスパーク、スワンリバー沿い。これだけキレイな景色が多いパースで一人でも簡単にできるランニングをはじめてみませんか。

 

Nao Haruyama

Nao Haruyama
1986年に日本で産まれ、日本で育つ。ずっと病院で勤務をしていたが、旅行で訪れたPerthに惚れ込み2012年2月に渡豪。とにかくPerthの魅力をいろんな人に伝えたい願望が強い・・・でも日本にいる愛犬がたまに恋しい。みなさんのため、GITSスタッフのためベストを尽くす、読書好きライター。
  • facebook
  • twitter