> 記事 > マメ知識 地域情報 雑談 > インターネットどうするの?留学生も永住者も必読!オーストラリアでのインターネット事情

インターネットどうするの?留学生も永住者も必読!オーストラリアでのインターネット事情

2014.08.06.(Wed)Kei Hirata By.Kei Hirata
カテゴリー:マメ知識 地域情報 雑談

こちらの記事は2014年8月の記事になります、ネット環境についてはずいぶん変更になっている部分もありますので、ご注意ください。

皆さん、こんにちは平田(gits0507)です。もはやライフラインと言っても過言ではないインターネットですが、オーストラリアに来たての皆様はどのようにしていますか?

オーストラリアに来て右も左も分からない方も多く、ましてや良く分からないインターネット・サービス・プロバイダーを自分で選んで契約するのは至難の業だと思います。(留学生などの一時滞在者の場合は契約すら行ってくれないプロバイダーも多いです。)

そこで今日はそんな方々のためにオーストラリアにおけるインターネット事情について書きたいと思います。この記事を読み終えれば自分にあったピッタリのサービスが見つかってもらえればいいなぁーと思って書いてみました。

ちなみに私たちGITSはオーストラリアで個人・法人問わずにインターネット開通のお手伝いも行わせていただいております。短期の一時滞在者向けの方にはワイヤレスタイプのインターネットルーターの貸し出しも行っておりますので、興味のある方は是非お問い合わせしてみてください。

gits_iphone

インターネットの種類と普及率

さて、オーストラリアでのインターネット回線の種類ですが実はそんなに日本と変わらなかったりします。例えばLTEも光もADSLもWiMaxも回線自体は存在します。

ただ、普及率の問題で実際に個人が契約できる回線には限りがあります。最近では日本と同じく個人でも光ファイバー(こちらではNBNブロードバンドと言います。)が契約できるようになりました。ですが、カバー率がまだまだ低く、ここパースでは2014年8月現在ではもはや皆無と言っても過言ではないぐらいカバー率が低いです。速度は日本の光が普及しはじめたころと同じく最大100MB程度でるようです。是非、このオーストラリアでこんな速度でインターネットを使ってみたいものです。

弊社はパース市内の中心部に位置していますが、それでもまだまだカバーされていません。もし、NBNブロードバンドに興味がある方はこちらのNBNブロードバンド公式ページにてカバーしているエリアをご確認ください。
Sponsored Link

転送容量無制限プランを提供しているプロバイダーは少ない

私がはじめてオーストラリアに来た10年前はようやく1.5mbのADSLが普及し始めたころで、転送無制限のプランを提供している会社は一つもありませんでした。日本では当たり前の転送無制限のインターネットも、今でもここオーストラリアではほとんど見かけません。見かけても繋がりが悪かったり、速度が遅かったりします。

最近ではADSL2+と呼ばれるサービスが普及しており、最大で下り24mbのサービスが一般的に利用されています。(実質速度は基地局からの距離によります。)ADSLは一時期日本でも使われていましたが、初期の段階で工事がかかる点と開通までに2週間~3週間かかるデメリットがあります。また、電話回線を利用したサービスである事から接続トラブルもここオーストラリアでは割と多いように感じました。

その中で、私が実際に利用してみておススメしているADSLプロバイダーを下記にまとめてみました。

TPG

TPGは私個人の自宅で利用しているインターネット・サービス・プロバイダーです。オーストラリアで初めてADSLの転送量無制限プランを始めた会社だと聞いています。(違うかったらすいません)

速度もそこそこ安定し稼働率もまぁまぁ安定しています。しかも驚きなのが、59.99ドルで無制限ADSLインターネット+電話回線込みでの価格です。また、携帯電話とのパッケージや国際電話とのパッケージとの抱き合わせによって非常に安いプランがあります。

転送制限がないので、容量を気にせずインターネットが使えるのが最大の特徴です。

ADSL Internet Broadband ISP - ADSL2 ADSL2+ DSL Home Phone Mobile

iinet

iinetもおススメのプロバイダーの一つです。値段こそはTPGに劣りますが、速度は同じADSLでありながら広いバックボーンを持っていることから圧倒的にiinetのほうが早いです。

カスタマーサポートも24時間対応しており、万が一のトラブルも電話一本で解決してくれます。オーストラリアではiinetの利用者を多く見かけます。

ADSL2+ Broadband Plans with Internet, Phone, Voip & SIM - iiNet

vividwireless

wifiHotspotNew_0
vividwirelessはオーストラリアで唯一のWiMax規格をつかったワイヤレスプロバイダーです。日本で一時期多く利用されたポケットwifiのような手持ちの小さいモデムを利用してインターネットに接続します。
現時点では、vividwireless社はポケットWifiの販売を中止しております。まだ使用はできますが、いつ使用できなくなるかはほ(2017/03/23 訂正)

実質速度はだいたい4~7mb程度出ます。また、小さいタイプのモデムと有線に対応したホームゲートウェイと呼ばれる大きいタイプのモデムもあり、WiMax規格でありながらモデムから電話機を接続することで一般回線と同じように電話を利用する事ができます。

留学生や駐在の一時滞在者の方には非常に人気で、私がインターネット接続のお手伝いを行わせていただいた方々で一番利用されているプロバイダーです。

最低契約期間もなく、ADSLのような自宅の工事費用も掛からない上モデムを購入したその日から開通するのが大きなメリットです。しかも、様々な容量のプランもありましてワイヤレスタイプのインターネットを提供しているプロバイダーではオーストラリア唯一の転送容量無制限プランが7989ドルで提供されています。(2016/05/24 値段訂正)

また、契約はインターネットから申し込みする事ができ、パスポートもしくはオーストラリアの免許証をお持ちの方であればVISAの種類関係なく誰でも契約できるのも大きなメリットです。

ちなみに、vividwirelessでのインターネット接続を考えられている方は弊社からご紹介させていただく事で1ヶ月間無料となります。

モデムを購入の上、モデムが届き、開通手続きの際に紹介者のメールアドレスkei@gitsint.com.auを入力していただくかreferral code109538と入力していただければ自動的に一ヶ月間無料となります。是非ご利用してください。(2017/03/23 コード修正)

LTEのプラン

日本と同じくオーストラリアでもLTE(4G)プランを提供しているプロバイダーも多くあります。LTEはワイヤレスでありながら非常に高速にインターネットを利用する事ができます。iPhoneではiPhone5から対応しており、日本でもその時期から普及しはじめました。まだまだ、日本と同じくLTEでのインターネットの利用は転送制限があり、値段的にもADSLやvividwirelessよりも割高になります。

有名どころで言うと、optus(LTEプラン用のページへ飛びます)やtelstra(LTEプラン用のページへ飛びます)がLTE用のワイヤレスモデムを使ったサービスを提供しています。リンク先の通り、制限付きでまだまだ割高なのが分かります。

ちなみにiPhoneをお持ちの方はテザリング機能をつかったインターネット接続が可能な場合があります。iPhone5以上の方はLTE回線での快適なテザリングが出来る場合あります。

iPhoneでのテザリングについては過去の記事に書いた事がありますので、是非参考にしてみてください。

iPhoneなどのスマートフォンを使ってパソコンをインターネットに接続!オーストラリアのテザリング事情

まとめ

今日は2014年8月の段階でのオーストラリアのインターネット事情について書きました。オーストラリアでもようやく個人向けにNBNブロードバンド(光ファイバー)がはじまり、ここ数年で大きくインターネットの速度の改善が行われ形になると思います。

これからオーストラリアでインターネット回線を引く予定のある方は是非、参考にしてみてください。もし分からない事がありましたらココナラにて「オーストラリアの携帯電話・インターネットの契約についてのご相談乗ります!」をワインコイン500円にて出品していますので、是非ご利用ください。

インターネット接続を含め、別の相談がある方はGITSのオンラインサロンへ、そして、実際にインターネット申し込みの代行、設置、初期設定のお手伝いが必要な方は是非こちらからお問い合わせください。(パース地区限定)

皆さんが快適なインターネットライフを過ごせるために接続完了までお手伝いさせていただきます。

 

Kei Hirata

Kei Hirata
1985年にシンガポールで生まれ、日本、オーストラリアへ渡り、専門学校卒業後、大学でITを専攻。大学在住中にオーストラリア・パースでウェブ制作やPCメンテナンスなどのIT関連の事業を開始。その後、法人化し現GITS Internationalの代表に就任。
  • facebook
  • twitter