> 記事 > マメ知識 雑談 > オーストラリアのADSLがよく切れる、遅い、繋がりにくい、などの問題を解決するには

オーストラリアのADSLがよく切れる、遅い、繋がりにくい、などの問題を解決するには

2014.08.11.(Mon)Kei Hirata By.Kei Hirata
カテゴリー:マメ知識 雑談

INA86_netwarkkk500

皆さん、こんにちは。平田(gits0507)です。インターネットがライフラインになりつつ現代で、快適にインターネットが使えないとイライラしてしまう方は多いのではないでしょうか。

私もまだネット設備がそこまで整っていない時にオーストラリアに来たのですが、遅くて制限のあるネット環境になれるまでは相当イライラした覚えがあります。

何よりも一番大変だったのが電話回線とADSLの接続工事。今でこそインフラが整ってきたので電話回線やADSLの接続の問題が昔に比べて解消されつつありますが、それでもこの仕事をしていると月に数件は「急にネットが繋がらなくなった」、「電話が使えない」、「電話のダイアルトーンがならない」等のトラブルでお問い合わせをいただきます。

こういった問題は、こちら側の問題なのか、それとも電話局側の問題かによって対処方法が異なり、場合によっては多額の工事費が掛かる場合があります。

そこで今日は私が今までで経験したケースを元に対処方法を書いてみたいと思います。

gits_iphone

自分で出来るトラブルシューティング

「インターネットが急に繋がらなくなった!」「電話が急に使えなくなった」と問題ですが、まずは慌てず自分で出来ることから確認しましょう。

インターネットが急に繋がらなくなった場合に考えられる原因はいくつもあります。

1.プロバイダーがメンテナンス中、もしくはダウンしている。
2.モデムの故障
3.自宅の電話回線トラブル
4.電話局からの電話回線トラブル

こういった問題を疑いながら一つづつ自分で確認していく事で問題解決に繋がる場合があります。

例えば、プロバイダー側で一時的にメンテナンス中かサーバーがダウンしている場合はプロバイダーの公式ウェブサイトで確認することができますし、モデムの故障の場合はリセットして初期化、再設定を行う事ができます。回線トラブルの場合は家の中の別の電話回線のソケットを変えてみたりすることでトラブルの確認できます。

また、壁の電話回線から直接モデム、もしくは電話に繋いで確認することでトラブルの原因を追究する事ができます。
Sponsored Link

自分で解決できなかった場合

自分で出来る範囲でチェックして、さらに問題解決しない場合はプロバイダーに電話しましょう。プロバイダーに電話してトラブルシューティングを行ってくれますが、上に書いた事を一通りテストするように言われます。しっかりと自分で行ったテストを伝えましょう。

実は一番厄介な問題は電話回線のトラブルで、電話のトーンにノイズが入っていたり、電話がなるとインターネットが勝手に切れたり、急に電話の受話器をあげても音が全くならないという問題が一番厄介な問題です。この問題は一般の方には調査の方法がなく、電話局の人間に頼るしかありません。

電話線というのは電話局(エクスチェンジ)からMDFと言われるところまで電話回線が来ており、MDFから自宅の中まで電話線が通ってきているのですが、この線のどこかで障害が起こると、これらの問題が起こります。

これらの電話線の問題を解決するにはプロバイダーに問い合わせて電話局のテクニシャンを送ってもらい調査する必要性があります。

どこの問題か?

こういった問題を解決するため、プロバイダーにテクニシャンを派遣してもらった場合、どこに請求が行くかというと下記の通りとなります。

電話局(エクスチェンジ)からMDFまでに問題が見つかった場合 → テクニシャンの調査費用は電話局持ちで無料
MDFから自宅の電話回線で問題が見つかった場合 → テクニシャンの調査費用は個人持ち

となります。

さらに、MDFから自宅への問題の場合はさらに調査費用と別途に工事費用が個人負担となります。場合によってはプロバイダーのテクニシャンが対応してくれる場合もありますが、ご自信でテクニシャンを手配しなければいけない場合があります。

まとめ

今日はオーストラリアにおけるADSLのトラブルについて書きました。インフラが整ってきたオーストラリアでもまだまだトラブルは少なくありません。そういう場合は今日書いた手順でトラブル解決を行ってみてください。

そして、どうしても個人で対応しきれない場合は是非、弊社にお問い合わせください

 

 

 

Kei Hirata

Kei Hirata
1985年にシンガポールで生まれ、日本、オーストラリアへ渡り、専門学校卒業後、大学でITを専攻。大学在住中にオーストラリア・パースでウェブ制作やPCメンテナンスなどのIT関連の事業を開始。その後、法人化し現GITS Internationalの代表に就任。
  • facebook
  • twitter