> 記事 > スポーツ パース紹介 マメ知識 地域情報 > パースの駅前自転車施設、バイクシェルターを使ってみた②

パースの駅前自転車施設、バイクシェルターを使ってみた②

2015.04.09.(Thu)Masahiro Natori By.Masahiro Natori

前回記事はこちら → パースの駅前自転車施設、バイクシェルターを使ってみた①

先日私はTransperthへバイクシェルターの申し込みをオンラインから行いました。
申し込んでからすぐに「バイクシェルターの使用について受け付けました」という自動メールが返って来たのですが、それ以降4日間も、まったく音沙汰がありませんでした。

残念ながら、オーストラリアでは結構こういうことがあります。相手から「明日、連絡する」といってきたのに、連絡が来ないこともしばしばです。学校の先生ですらそういうことがあるので、困ってしまいます。こういうの、日本のサービスではあまり考えられないですよね。
 
そこでTransperthに確認の電話してみたのですが、電話に出たオペレーターさんも私のバイクシェルター使用について、どう言う状況か分かりませんでした。そこで専門の部署に申し送っておくから、あと数日して連絡がなかったらもう一度電話するように、と言われました。(これもよくあるパターン。)
 
週末を挟んで翌月曜日、Transperthから「私のスマートライダーで、バイクシェルターの鍵が開くようになっているはずだから確認してみて」という連絡メールが来ました。
そこでとりあえず、会社帰りにバイクシェルターに寄ってみることにしました。
 
さて、バイクシェルターの扉は開いてくれるでしょうか?
Transperth Bike Shelter smartrider
このSmartRiderカードは電車やバス、フェリーなどの交通機関に乗るときに使える大変便利なカードです。
詳しくは過去記事 → 「パースのバス料金について、もう一度確認してみた。 」 を確認してみてください。
また、この上記記事に載っているTransperthの利用料金が古かったのでご注意ください。
こちらが最新です。毎年地味に10セントずつくらい値上げされてます・・。
Tranperth fares 1 November 2014
 いつも交通機関で使うときには「ピ」という高い音がするのですが、このバイクシェルターで使用するときには「ピピ」という音がしました。
開きました!
bike_shelter_door_open
バイクシェルターのなかはこのような感じになっています。それほど混み合ってないのは夕方だからかもしれませんが、それほど大量には置けそうにもない感じです(20台くらいが限界か?)

inside Bike Shelter
ここになら、ヘルメットを置いていっても(もちろん自己責任で・・)大丈夫かなぁと思いました。
Sponsored Link

まとめ

あれから数回ほどバイクシェルターを利用してみました。やはり自転車がホームに置き去りになっているのに比べてシェルターの中に入っているので安心感があります。おまけに屋根もついているので、一応雨もしのげるというところはポイントが高いです。

ちょっとイヤなのが、自転車を入れるとき、出すとき、一度バイクシェルターに入ってそのときに鍵がかかります。そのあと一瞬「出られなくなったらどうしよう」という不安感を感じたりします。スマートライダーは 「反応が悪くなる」ということが時々あって、別な人がタッチしたあとでないと何度やってもエラーになったりすることがあるのですが、ここで、そういうことがあると、延々閉じ込められた状態で助けを待たなくてはいけなくなってしまいます。

一応、そういうときのためにエマージェンシーボタンも完備しているみたいです。

perth bike shelter inside
とにかく駅のまん前の自転車置き場が「無料で使える」というのは、すばらしいことです。
もし、駅まででも自転車で行ってみようかと考えている方、活用されてみてはいかがでしょうか?
扉が金属製でやたら重たいのがイマイチで、自転車を押して出るときにちょっと苦労しますけど。(自動ドアになってたりすると最高なんですけどねー。)

Masahiro Natori

Masahiro Natori
こんにちはMasaです。39歳の時に16年勤めた会社を辞め、2013年4月に家族で日本からパースに引っ越してきました。2013年6月よりGITSに勤務。2014年1月にGITSのサポートでProgrammerとして457ビザを取得。 趣味は音楽を聴くことと、部屋のレイアウトを変えること、ドライブすること。