> 記事 > ウェブ制作 パソコン > 【3】ドメインとレンタルサーバーって何?~ブログ始めよう!シリーズ

【3】ドメインとレンタルサーバーって何?~ブログ始めよう!シリーズ

2015.11.19.(Thu)Chieko By.Chieko
カテゴリー:ウェブ制作 パソコン

こんにちは!パース在住主婦ライターのChiekoです。

パースでは、暑い日と涼しい日が数日置きにやってくる、という感じですね。
今週は比較的涼しいですが、週末はまた暑くなりそうです!

体調を崩さないよう、気をつけたいですね。

さて、IT素人主婦がブログの立ち上げ方を説明する、という無謀な企画(笑)、『ブログ始めよう!シリーズ』その3です。

前回では、主に初めてブログをやってみよう、という方がとっつきやすい、無料ブログについて書きました。
無料ブログの利点は、何と言っても簡単に、そして無料でできること・・・
一方、無料ブログの欠点についても書きました。

そうしたメリット・デメリットを知った上で、自分に合った方法を選んでいくことが大切ですよね。

では、運営会社が提供する無料のブログサービスを使わず、自分で一から独立したブログを作るには、どうしたらいいのでしょうか?
前回の記事で簡単に紹介しましたが、まず最初に「ドメインを取る」ことと「レンタルサーバーを借りる」ことが必要です。

今回は、それらについて、説明したいと思います。

 

ドメインを取る前に・・・ドメインって何?

dotcom
 

ところで、ドメインって何でしょうか?

インターネット上のウェブサイトは、全てURLというアドレスを持っています。
皆さんも、あるウェブサイトを表示したい時に、「http://*******.com/」などのアドレスを入力することがあるかと思います。
つまり、このURLが、特定のウェブサイトと結びついているということは、インターネットを利用する方ならば、感覚的に理解しているのではないかと思います。

たとえば、私のブログ「パースで手作りざんまい」のURLは、http://perth-zanmai.com/ ですが、その中のperth-zanmai.comの部分を、ドメインと言います。
今これをお読みの皆さんがご覧になっているGITSのウェブサイトならば、gitsint.com.au がドメインです。

まずオリジナルのブログを開設するとなったら(ブログに関わらず、あらゆるウェブサイトでも)、ドメインを取得することが必要不可欠なのです。

では、まずドメイン名はどうやって決めるのでしょうか?
自分で好きに決められるものなのでしょうか?

ドメイン名、つけるなら.com?.jp?.au?

ドメイン名は、皆さんご存知だと思いますが、〇〇〇.com、〇〇〇.jp、〇〇〇.net などという形をしていますよね。
この.comなどの部分は、トップレベルドメインと言われるそうです。

これは一体、何かというと。。。

.com(組織全般、企業など)
.net(ネットワーク事業者)
.org(非営利団体、組織)

などの、サイト運営者の特徴を表したり・・・

.jp(日本)
.au(オーストラリア)
.uk(イギリス)
.cn(中国)

など、サイト運営者の属する国を表したりしています。

また、

.co.jp(日本の企業)
.com.au(オーストラリアの企業)

などのように、国と団体の属性を表す場合もあります。

これらのトップレベルドメインは、誰でも選べるものと選べないものがあります。

たとえば、.com や .net は、上記に示したように、目安となるガイドラインはありますが、使用に当たって条件や審査はなく、どんな人・団体でも使うことができます。
一方、.co.jpは日本国内で登記を行っている企業しか使えないし、.com.auはオーストラリア国内でビジネス登録を行っている企業しか使えません.jpは、日本国内に住所がある個人・団体・組織しか使用できません
そのように、一定の条件を満たさないと使えないトップレベルドメインもあります。

ドメイン取得の際には、お金がかかりますが、トップレベルドメインの種類によって費用も違います。
信頼度が高く人気の高いトップレベルドメインは、値段も高いです。先にも書いたように、.co.jpや.com.auは、きちんと認められた事業者しか使えないため、このドメインを持つサイトはちゃんとしたサイトである、と、一般的に認められやすいと言えます。
それに比べると値段の安い.comは、誰でも使えるため、汎用性がありますが、悪質サイトなどでも使われることがあるので、ちょっと信頼度に欠けるとみなされるリスクがあるといえます。

私の個人ブログは、.comで取っています。

このように、トップレベルドメインでサイトの所属や性質を大まかに知ることができます。
ドメインを選ぶ際には、このことを頭の片隅に入れておくとよいですね。

 

ドメイン名、どうやってつけたらいい?

〇〇〇.com、〇〇〇.jpの〇〇〇の部分は、基本的に以下の条件を満たしていれば、どんな文字列でもOKです。

・大文字、小文字の区別はない。
・半角英数字文字 (A~Z、0~9)・半角のハイフン「-」が使える。
・3文字以上63文字以下

注意点として、ハイフンは、1文字目 または 末尾には使用できません。また、3文字目と4文字目にハイフン(-)を連続して使用することもできません。

ですが、ドメイン名も近年さまざまなタイプが認められるようになってきているので、この限りではない場合もあるみたいです。たとえば、最近では日本語でドメイン名をつけられるようにもなっているようです!.jpのみですが・・・(例: http://おかめ納豆.jp/)

どんなドメイン名でもOKなのですが、できるだけ運営者やサイトの内容を表しているドメイン名がよいと思います。
ブログのドメインならば、ブログタイトルに関連する名前をつけるのがよいでしょうね。

そして、一番大切なこと!

ドメイン名は、世界で一つのものでなければいけません。
他のサイトがすでに使っているドメイン名は使えないのです。

でも、自分が希望するドメイン名がすでに使われているかどうか、なんて、どうやってわかるわけ!?
全てのウェブサイトを自分でチェックするなんて、ムリ・・・。

 

ドメイン取得サービスを利用する

私も詳しくはわかりませんが、ドメインと対応するウェブサイトとは、全てきちんと対応付けられて、世界共通のデータベースで管理されているそうです。すごい!

そして、そのシステムと連携してドメイン登録サービスを行っている会社があり、そのサービスを利用することで、「このドメインは取れるか?すでに使われているか?」「.com、.net、.jpはそれぞれ何円?」といったことがすぐにわかるようになっています。

日本では、「お名前.com」「ムームードメイン」「バリュードメイン」などが主なドメイン取得サービスです。
ちなみに、私のブログのドメインは、ムームードメインで取りました。
各ドメイン取得サービスにより、価格設定も微妙に異なります。比べてみてください。

試しに、ムームードメインのウェブサイトにアクセスしてみますと・・・

以下のような画面が出てきます。思いついたドメイン名を入力してみます。

たとえば、「japanese-cooking.com」なんて、どうかしら~?
moomoo

すると、japanese-cooking.comは、すでに誰かが使用済みってことで、取れません。.netも.jpも誰かが取っている、でも.redや.infoなら取れる、ということがわかります。さらに値段も出てきます。

これで、自分の考えたドメイン名が取得可能かどうか、を事前に簡単に調べることができます。

もしも取得できる状態であれば、ガイダンスに従ってドメインを購入します。

1度購入したドメインは、期間限定で使用できるものなので、各サービスの条件をよくご覧になり、契約期間後も継続して使う場合は更新手続きを忘れずに行う必要があります。

また、海外にもこのようなドメイン取得サービスを行っている会社はあります。

 

レンタルサーバーを借りる。

次に、レンタルサーバーを選びます。

ブログやウェブサイトを作ったら、インターネット上で誰でも見られるようにしなければいけません。

そのために、ブログの投稿内容や画像ファイル、設定などのすべてのデータを、誰もが自由にアクセスできる状態になっているコンピュータに置かなければなりません。

個人で使うパソコンなどとは違い、こうしたコンピュータは世界中から常時大量のアクセスを受け付けることになるので、それに適した専用のコンピュータが必要です。このように、データを保管し、ネットを介して誰もが読み出せるようにするためのコンピュータを、サーバーといいます。

多くの個人の場合、自分でサーバーを用意することは難しいので、企業が運用管理しているサーバーを有料で借りるのが一般的です。それがレンタルサーバーです。

日本では、さまざまな種類のレンタルサーバーがあるので、選ぶのも難しいですが・・・使用用途に合ったものを選びたいですね。

私自身は、もちろん全然詳しくはないのですが(汗)、ザッとネットで調べたところ、日本国内では、安くて人気があるのは「さくらサーバー」「ロリポップ」「エックスサーバー」あたりのようです。
「レンタルサーバー 比較」などで検索すると、各レンタルサーバーの特徴をまとめた記事が色々出てくるので、参考にしてみてください。

例として、ロリポップのトップページを開いてみると、以下のような画面になります。

rollipop
プランとその内容、価格がわかりやすく表示され、希望のプランを選んだら、ガイダンスに従って申し込みを行うようになっています。

手続き自体は、簡単に行えるしくみになっています。

 

しかし、レンタルサーバーを選ぶ際には、ちょっと注意が必要です。
レンタルサーバーは、ウェブサイトに必要なすべてのデータを保存しておく場所。いわゆる自分のブログが物理的に存在する場所、ともいえるので、実はとても重要です。

たとえば、土地を用意して「芝生の庭があって、ベッドルームが4つ、バスルームが2つに広いリビングとアイランド型キッチンの家」を建てようと思っても、そもそも土地が狭かったら、部屋数を減らしたり庭をあきらめたり・・・しなければなりません。
自分が建てたいと思う家を考えて、それが可能な土地を用意する・・・サーバー選びは、それに似ているかもしれません。

つまりサーバー選びは、自分がどんなアプリケーションを使ってどんなブログを構築するつもりか、というプランと、深く関わってきます。

そのため、レンタルサーバーの選定については、次回以降にまた触れたいと思います。

 

まとめ ~ 海外でブログやるなら?

私の場合は、夫が自分の趣味用に、10年以上前から「ロリポップ」のレンタルサーバーを借りていました。私のブログも、最初はそこに間借りする形で使っていました。

が、オーストラリアからのデータ転送等に結構時間がかかっていたことなどから、先月、Crazy Domainsというオーストラリアのドメインサービス会社が運用しているレンタルサーバーに移行しました。
データの移行作業は、GITSにお願いしました。
データ転送は、ロリポップに比べるとだいぶ速く行えるようになったと思います。
ただ、アクセスが不安定になる時があるなーと個人的には感じますが。。。(これは国の問題というよりサーバーの質の問題なのでしょうが・・・?)

海外でブログを立ち上げるなら、海外のレンタルサーバを借りた方が使い勝手がよい場合もあるかもしれません。

今回は日本で(日本語が対象の)ブログを立ち上げる場合をメインに書いています。基本的な考え方は世界のどこであっても共通ですが、オーストラリアでドメインを取る・レンタルサーバーを借りるとなった場合は、細かい部分で事情が変わってくるのかもしれない、なんて思いました。

私たちGITSはオーストラリアでのウェブ制作の実績があるため、オーストラリアでのウェブ事情を把握しています。オーストラリアでのホスティングサーバー・ドメインの獲得やブログやウェブメディアの立ち上げなどお客様が運営したいウェブサイトの立ち上げをお手伝いいたします。

また、GITS直営のお得なホスティングサーバープラン「GITS Hosting」のサービスも運営していますので、レンタルサーバー込みでブログやウェブサイト立ち上げをトータルサポートすることも可能です。

興味ある方は、ぜひお問い合わせください。

また、今回の記事の内容に関して、ご質問などありましたら、本ブログ画面右下の「メールを送信」より、ぜひお気軽にお問い合わせください。

さあ、ドメインとサーバーが準備できたら・・・どうやってブログを作るのか?作成に必要なアプリケーションとは?という部分について、次回書こうと思います。
キーワードは、wordpress・・・。

Chieko

Chieko
2013年4月よりパース在住。ライター&ブロガー。オーストラリアの食・子育て・生活を紹介するブログ「パースで手作りざんまい」、ネイティブ英語とは?がテーマの勉強ブログ「話す英語。暮らす英語。」執筆中。複数の企業サイトへ、食・旅行・教育に関する記事を寄稿中。2児の母。
  • facebook
  • twitter