> 記事 > マメ知識 地域情報 > スマートライダーが無い! そんな時どうしたらいいのか

スマートライダーが無い! そんな時どうしたらいいのか

2016.03.11.(Fri)Masahiro Natori By.Masahiro Natori
カテゴリー:マメ知識 地域情報

こんにちは、masaです。

今朝、仕事に行こうとして気がついたのですが、昨日スマートライダー(SmartRider)を紛失してしまったようなのです。おそらく、こういうことは誰にでもあると思うので(私がそそっかしいだけ?)、スマートライダーを紛失したときに、どうしたらいいか書いてみようと思います。

Sponsored Link

スマートライダーとは?


スマートライダー(SmartRider)とは、オーストラリアパース市内の公共交通機関で使える、ICチップの入ったカードです。カードを使うときには、金額をチャージしておく必要があります。乗り降りするときに機械にタッチすることで乗降記録をとることができ、チャージした金額から自動的に減額されていく感じです。スマートライダーを使うだけで、現金の運賃よりも15%オフ、自動的に銀行口座から引き落とされるように設定すると25%も運賃が安くなります。

Smartriderはこんなカード

無くした経緯


昨晩、友人カップルに誘われて、初めてバーなんかへ出かけたのですが、そこで落としてしまったようなのです。バーまではスマートライダーを使ってバスに乗ったのでそのときには持っていました。帰りは友人に送ってもらったので、スマートライダーは使っていません。つまり出先で落とした可能性が一番高い感じです。
念のため、友人に問い合わせて車の後部座席に落ちていないか確認してもらい、バーにも落し物として届いていないか問い合わせてみたのですが、残念ながら見つかりませんでした。

スマートライダー無くした場合、どうしたらよいのか


TransperthのWebサイトには、スマートライダーを無くしたり盗まれたときにどうしたよいのか、専用のページが作成されていました。
Lost or stolen SmartRider cards

このページによると、カードを紛失した場合、「Hotlistに登録する」という手続きが必要になるそうです。このリストに入れることで、そのカードは使用されても無効になり、例えば盗んだ、拾った人間が使おうとしても拒絶されるようになります。注意が必要なのは、この手続きは「元には戻せない」ということだそうです。つまり、万が一カードが出てきたとしても、それを再利用することはできないということになります。

カードも種類があるのですが、Standard(一般)、Consession(学割)カードの場合、InfoCentre というところに出向き、
1.古いカードをHotlistに入れて、使用停止にする
2.新しいカードを購入し、既存のカードに入っていた金額を入れる
という手続きをします。

未登録のカードの場合、救済措置はなし!


スマートライダーは、InfoCentreで買うことができますが、ここ以外にも購入できる場所があります。
SmartRider Retail Outlets
こちらで購入したカードについては買ったままの状態では「未登録」の状態です。このまま使用し続けることもできますが、万が一落としたり、カードが読み取れなくなってしまったような場合にも一切救済措置はないそうなのでご注意ください。
カードの登録は、トランスパースのWebサイトから、まずユーザーアカウント登録を行い、そのユーザーに紐づけてスマートライダーの登録をすることになります。

手続きに必要なもの


カード番号と、身分証明(パスポート、免許証など)が必要になります。この2つを提示すると、無くしたカードを使用停止にする手続きと、新しいカードの発行手続き、無くしたカードの残額を確認して、新しいカードに付け直す手続き、をやってくれます。また、この一連の手続きの手数料として$10 かかります。

手続きが行える場所


TransPerthのInfoCentreというところでできます。記事時点ではパース駅周辺に4箇所。
Elizabeth Quay Bus Station、Perth Station、Perth Underground Station、Roe Street Bus Station にあります。
下の地図で赤丸で示したところにあります。
Transperth InfoCentres
Transperth InfoCentreの場所
ちなみに私が訪れたPerth Underground の InfoCentre はこんなところです。

マレーストリートから、見た感じ
Perth Underground の InfoCentre
奥にあります。右に見えてるのは地下駅に向かうエスカレータです。
Perth Underground の InfoCentre2
中に並んでいる人が見えますが、いつも結構混んでいます。

感想など


はっきり言って、カードの交換は10分程度で済みます。あっけなく感じるくらいすごく簡単でした。最初は無くしたカードを見つけ出そうと、あちこち問い合わせたりもしたのですが、この手軽さを知ったら、さっさと取り替えてしまう方がストレスに感じないかも、と思ったくらいです。すごいな、と思ったのは、私は新しいカードに昨晩カードを無くした時点の金額を入れてもらうことができたことです。ひょっとしたらこの日、私のスマートライダーを拾って使った者がいたかもしれません。でも、その使った額はTransperthのシステム上はまだ反映されていないので、差し引かれることはありませんでした。使われてしまう可能性を考えると、カードをなくしたことに気づいたら、一刻も早くこの手続きをした方が、ダメージが少なくて済みます。この日、私のスマートライダーを使った者がいたとしたらその金額はどこへいくかは謎ですね。

みなさんもスマートライダーの紛失には気を付けましょう。


Masahiro Natori

Masahiro Natori
こんにちはMasaです。39歳の時に16年勤めた会社を辞め、2013年4月に家族で日本からパースに引っ越してきました。2013年6月よりGITSに勤務。2014年1月にGITSのサポートでProgrammerとして457ビザを取得。 趣味は音楽を聴くことと、部屋のレイアウトを変えること、ドライブすること。
  • facebook
  • twitter