> 記事 > マメ知識 地域情報 雑談 > シートベルト義務違反で捕まった!日本とAustraliaのダメージ比較

シートベルト義務違反で捕まった!日本とAustraliaのダメージ比較

2016.03.16.(Wed)Masahiro Natori By.Masahiro Natori
カテゴリー:マメ知識 地域情報 雑談

こんにちは、masaです。

最近ちょっと色々なプロジェクトが重なってきています。今週金曜日(2016/03/18)は、スタッフ出張のため、ほぼ一日バラックストリートのオフィスがスタッフ不在となりますので、ご注意ください。

Sponsored Link

車のシートベルト情報


本日のテーマは「車のシートベルト」です。ここオーストラリアではシートベルトは全席着用が義務となっています。私も最初にオーストラリアを訪問したときにエージェントの方よりそのことを聞かされました。最近の車はみんな同じかも知れませんが、運転席、助手席に人が乗っていてシートベルトを外した状態で運転しようとするとアラート音がなり続けるような仕様になっています。アラーム音が鳴り続けるくらいならシートベルトをしたほうがよっぽど快適なので、運転するときは必ずシートベルトというのを何の気なしに守ってきました。もちろん後部座席の子どもたちにもそのことを言い聞かせてあります。

ちなみに日本でも2008年6月からは、全席シートベルトは義務化となっています。

参考:シートベルト – Wikipedia

日本ではシートベルトの義務化は段階的に行われていました。最初は運転手、次に運転手と助手席、高速道路のみ全員、そして常時全員と、なのでもう2008年に常時全員に変わってからずいぶん時間も経っているのですが、いまだに後部座席の着用率は30%台(2014年のデータ JAF|エコ&セーフティ|全国調査データ|2014年 シートベルト着用率データ) となっています。

オーストラリアでシートベルト着用違反の衝撃


Perthの駅前大通の風景
このブログを書くきっかけになったのは1本の電話でした。同じくパースに住む友人からだったのですが、少し前にシートベルト違反で取り締まりを受けてしまったという話でした。最初はシートベルト違反はスピード違反や信号無視のような危険性があるわけでもないので軽微な違反扱いかと思ったのですが、正直、「えー!?」っとつい大声が出てしまうくらいの衝撃でしたので、今回友人の許可をいただき、ブログで紹介させていただきます。

オーストラリアでシートベルト着用違反の経緯


その友人は、海外から来た友人2人を連れてパースから300kmほど南にあるマーガレットリバーというところにドライブに行ってたそうです。乗っていたのはワンボックスカーで、友人が運転し、助手席には荷物が、海外から来た二人は後部座席に乗っていたそうです。そんな帰り道、警察に止められたそうです。

状況としては運転手をしていた友人はもちろんシートベルト着用。後部座席に座っていた2人はシートベルト未着用という状態だったそうです。

そして、そのペナルティは・・

友人本人:同乗者2人にシートベルトを着用させる義務を怠ったとして、

罰金$600 減点4

同乗者2人:シートベルト着用義務違反ということで、

一人罰金 $550 (*16歳以上の場合)


計、なんとトータルで $1700 もの罰金

日本円で、144,500 (1AUD = 85円計算)

たかがシートベルトと言ってはいけないのも分かりますが、感覚的には
ものすごい犯罪を起こしてしまったのという程度の高さに感じてしまいます。

police

オーストラリアのシートベルト義務違反:詳細情報
Seat Belts Road Rules| Western Australian Road Rules and Penalties | Road Safety Commission – Road Safety Commission

オーストラリアの交通違反:詳細情報
Western Australian Road Rules and Penalties – Road Safety Commission


ちなみに、日本でシートベルト義務違反は・・

「罰金なし、1点減点」 

・・な、なんて軽い。

後部座席のシートベルト着用率は上がっていないそうですが、
これじゃ、あがらないですよね。罰金が高ければいいというものではないですが、きちんと着用させようという気はないのかな?と思ってしまいます。

交通違反の点数一覧表 :警視庁

反則行為の種別及び反則金一覧表 :警視庁

ちなみに、いくつかの違反について日本とオーストラリアの
罰金、減点について、確認してみました。

赤信号の無視
オーストラリア:罰金$300 と減点3
日本:罰金9000円と減点2
罰金約3倍

25km/hの速度違反:
オーストラリア:罰金$400 と減点3
日本:罰金18000円と、減点3
罰金約2倍

携帯電話・スマホの操作
オーストラリア:罰金$400 と減点3
日本:罰金6000円と、減点1~2
罰金約6倍!

全体的にオーストラリアは罰金が高いですね!


まとめ


オーストラリアで車を運転する際にはシートベルトは必須です。運転手本人はしていても同乗者がしていないだけで、運転者とシートベルト非着用者に罰金という厳しいルールになっておりますので、是非車内では面倒くさがらずにシートベルトを着用してください。オーストラリアでは交通違反については結構厳しく取締りが行われていますし(私も実はスピード違反で何度かやられました。ホンの数kmオーバーでもアウトなんです)、罰金額も日本と比較すると2倍~6倍という印象ですので、みなさん、オーストラリアで運転する際は、必ずシートベルトを着用し、安全運転を!!

Masahiro Natori

Masahiro Natori
こんにちはMasaです。39歳の時に16年勤めた会社を辞め、2013年4月に家族で日本からパースに引っ越してきました。2013年6月よりGITSに勤務。2014年1月にGITSのサポートでProgrammerとして457ビザを取得。 趣味は音楽を聴くことと、部屋のレイアウトを変えること、ドライブすること。
  • facebook
  • twitter