> 記事 > iPhone 雑談 > iPhone 7、7 plusのオーストラリア発売日、予約日、オーストラリアの仕様について

iPhone 7、7 plusのオーストラリア発売日、予約日、オーストラリアの仕様について

2016.09.08.(Thu)Kei Hirata By.Kei Hirata
カテゴリー:iPhone 雑談

皆さん、こんにちは平田(gits0507)です。昨晩は毎年恒例のアップルの新商品発表会がありました。目玉はやはり新型iPhone。オーストラリアで発売前からiPhoneユーザーでiPhone修理屋を営んでいるだけあってiPhone好きにはやはり気になり昨晩は遅くまで発表会を見てしまいました。

ということで早速現在分かっているオーストラリアでのiPhone情報をまとめて見ました。

ちなみにオーストラリアでのiPhone修理、中古の販売・買取、SIMロック解除などは弊社にお任せください。詳しい詳細は下記のバナーをクリックして公式ウェブサイトへどうぞ!

オーストラリア国内向けパソコン、iPhone修理サービス

発売日、予約日はいつ?料金はいくら?

オーストラリアでのiPhone 7、plusの発売日は日本と同じ9月16日で、予約日は9月9日の5:01PM AEST (パース時間で3:01PM)になります。予約はアップルストア・オーストラリアのウェブサイトで行うことができます。

オーストラリアのSIMフリー機種の料金設定はiPhone 7がA$1079~、iPhone 7 plusはA$1269~になっています。容量によって値段が異なりますので詳しい詳細はアップルの公式サイトにてご確認ください。

ちなみに予約日の時間についてはアップルの公式チャットにて確認済みです。

apple

格携帯会社の料金プラン

2016年9月8日現在ではまだ格大手携帯会社(telstra. optus, vodafone)の料金プランが発表になっていません。料金プランが発表になり次第新しい記事として投稿したいと思います。

ちなみに過去のiPhoneプランはこちら

iPhoneの仕様について

詳しい仕様については他のウェブサイトに任せるとして、私としてはかなり印象が強かったのはカメラの性能が非常に高くなったこと。特に7+はカメラが二つついており、一眼レフカメラのように編集なしで背景をボカすことができるようになりました。解像度ももちろんアップ、今まで以上にかなり美しい写真がとれるようになりました。

photo_iphone7_camera-4-640x348

1つ目のカメラはボカしを演出。一眼レフのような大きなレンズとセンサーが無ければ撮影できなかった大きなボケ感を2つのレンズを使うことによって実現可能にしました。この2つのカメラのレンズは、「望遠レンズ」と「広角レンズ」と種類が違い、この2つのレンズを組み合わせることで、スマホで一眼レフ並の「ボカシ」が得られるようになりました。

photo_iphone7_camera-5-640x350

こちらは加工なしで7 plusで撮影された写真ですが、背景がボケて人物が浮き出るように引き立てています。

iPhone 7/7 plusで撮影した写真

photo_iphone7_camera-6-640x480

photo_iphone7_camera-8-484x640

photo_iphone7_camera-7-481x640

これらの写真はアップルのプレゼンテーション中のスクリーンショット画像のため、あまり解像度がよくないですが充分にカメラのレベルの高さが分かると思います。写真をとるのが好きな人にとっては買いかもしれませんね。

防水、そしてFilicaに対応

今回の新しいiPhoneは初の防水となりました。防水レベルはIP67レベルなので初代アップルウォッチと同じレベルの防水性能になります。IP67がどのぐらい強力かはアスキーさんの記事を読んでみてください。基本的には生活防水レベルなので水に沈めたりすないように注意してください。

そして、まさかのガラパゴスの代表といってもいい電子マネーのFilicaに対応。これは意外だったのでびっくりしました。防水機能もFelicaも正直海外にいる人にとってはそこまで重要なポイントではないのですが、アップルはバリバリ日本市場を意識したということでしょうか。

最近は日本とオーストラリア以外では売り上げが伸び悩んでいるそうなのでその辺りも関連性がありそうです。

まとめ

今回の新しいiPhoneはiPhone 6sから割りと大きなアップグレードになりました。今回の記事では少ししか性能の部分には触れていませんが、新しいA10プロセッサにワイヤレスヘッドホンなど新しい機能が加わりました。正直必要ないという方も多いと思いますが、ミーハーの私は間違いなく購入します。また購入したらレビューしてみたいと思います。

おまけ

iPhone6、前夜のレポ動画 アップルストア パース店を直撃



 

Kei Hirata

Kei Hirata
1985年にシンガポールで生まれ、日本、オーストラリアへ渡り、専門学校卒業後、大学でITを専攻。大学在住中にオーストラリア・パースでウェブ制作やPCメンテナンスなどのIT関連の事業を開始。その後、法人化し現GITS Internationalの代表に就任。
  • facebook
  • twitter