> 記事 > パソコン マメ知識 > 特殊なレイアウトのキー設定を無理矢理変えてしまう方法

特殊なレイアウトのキー設定を無理矢理変えてしまう方法

2016.11.04.(Fri)Masahiro Natori By.Masahiro Natori
カテゴリー:パソコン マメ知識

こんにちは、masaです。

最近モバイル用に1台パソコンを持つようになりました。
Toshibaの軽い小さいやモデル(SATELLITE NB10t-A)で、これまで使ってきたノートパソコンの中では割合使いやすいです。日本語の情報は出てこないので、オーストラリア向けの商品かもしれないですね。Windows8.1、メモリは4GB。なんとタッチスクリーンになっていたりします。(ほとんど使わないのですが・・)

toshiba-satellite-nb10t-a
これに変える前に使っていた小型PCはずいぶん古かったので、文章を書いているだけでも途中で動きが固まったりしたのですが、このパソコンではほとんどそういうことはありません。それほど電源の無いところで長時間使うわけでもないので、充電の持ちも十分な感じです。

最近は、基本的にはこのPCを携帯している感じで、ネット接続が必要なときはiPhoneのテザリング機能を使っています。iPhoneをWi-Fiの発信機代わり使ってインターネットが使えるようにする感じなのですが、バスの中でもメールチェックなども快適にできたりします。iPhoneの4G回線だと、自宅のADSLなんかよりもよっぽど速かったりします。

かなり満足度は高いのですが、残念なことも一つあります。

それは・・キー配置がなのです。

Sponsored Link

ノートパソコンにありがちな変なキー配置


こういう変な配置、小さいノートPCだと結構見かけます。キーボードもスペースが限られてしまうので、とれる配置にも限りがあるのは分かるのですが、個人的にはユーザーの使用イメージを考えずに無理矢理レイアウトしたようなキーボードなんて、ひたすら迷惑だと感じてしまいます。

strange-key-layout
今回のPCですが、一般のパソコンと同じように右下部分に矢印キーがあるのですが、その上あたりにページアップ、ページダウンキーが配置されているのです。
これは私にとって頭痛の種でした。なぜかというと、このページアップキーがシフトキーの隣、Enterキーのすぐ下にあります。本当に「なぜここにこのキーを配置した!!」と突っ込みたいです。

私の頭の中では、

Enterキーの下 = Shiftキー

なので、シフトキーを押すつもりで、非常に高頻度でページアップキーを押してしまうのです。そのたびに自分のカーソルキーを見失って、どこをEditしていたか分からなくなったりしました。
たとえば、Enterとか入力するときには最初に

Shift+E

を押すわけなのですが、それを押したつもりが、ページアップキーを押してしまっているので、全く関係ないところで、nterという文字が入力されている感じになります。

他にも、#や、%などの記号を入力する際もShiftキーは欠かせないので、
そのたびにカーソルの行方を見失うのは、大変ストレスでした。私のようなパソコンを使って仕事をしているものにとっては、キー入力に掛ける手間は単なる時間のムダです。でも、なかなか「慣れる」類のものでもないと思い、なにかキーの設定を変える方法はないか調べてみました。

探した時間約1分。やっぱりありました。

キー配置設定変更ソフトKeySwap


キーボードの特定のキーを無効化・または入れ替えたり変更したりする windows10

こちらのサイトでは、KeySwapというソフトを紹介していました。

KeySwap for XPの詳細情報 : Vector

for XP と書いてあるのですが、Windows7, Vista にも対応しているそうですし、先に紹介したブログの方は、Windows10でも動いたと言っています。

私のこのPCはWindows8.1なんですけど、その前のバージョンWindows7でもその後のバージョン、Windows10でも動くと言うので、まぁたぶん大丈夫でしょう。ということで、早速ダウンロードし、インストールしてみます。
最初はページアップキーと、ページダウンキーを無効にしました。無効にしておけば、押してもページスクロールされなくなるので、快適になります。

その後、ほんの少し使ってみて、無効ではなく追加のShiftキーとして、設定することも出来るようなので、そのような設定にしました。本来はShiftキーの位置なので、間違って押すこともあり、それがShiftとして機能してくれる方が、私にとっては一番快適な感じでした。

keyswap
左側の【キー名】を選択した状態で、右側のキーレイアウト画面からPageUpを選び、次に隣の【変換キー名】欄が黄色になっていることを確認してから、入れ替えたいキーを選択します。保存後、一度ログインしなおすとキーの設定が反映されます。私はこのノートパソコン上では、PageUp、PageDownキーを押した場合にはいずれもShiftキーとして動作するように設定してしまいました。

まとめ


パソコンのキーボードとマウスに関しては「人間の操作を伝える」という重要な役割を持っていると思います。ノートパソコンだとキーボードのレイアウトを変えることは難しいのですが、レイアウトの問題で年中ミスタッチをしてしまうような場合には、このような方法を使ってキーの配置をシステム的に変更してしまうことも出来るようです。難しそうな場合には相談に乗ることも可能ですので、お問い合わせ | GITS Internationalからお気軽に連絡ください。

Masahiro Natori

Masahiro Natori
こんにちはMasaです。39歳の時に16年勤めた会社を辞め、2013年4月に家族で日本からパースに引っ越してきました。2013年6月よりGITSに勤務。2014年1月にGITSのサポートでProgrammerとして457ビザを取得。 趣味は音楽を聴くことと、部屋のレイアウトを変えること、ドライブすること。
  • facebook
  • twitter