> 記事 > パソコン マメ知識 > ノートパソコンのfnキーについて

ノートパソコンのfnキーについて

2016.12.21.(Wed)Masahiro Natori By.Masahiro Natori
カテゴリー:パソコン マメ知識

こんにちは、masaです。

年末が近づいてきました。

オーストラリアは日に日に暑い日が増えてきて、本日はなんと最高気温が41度!だそうです。
子どもたちはもうTerm4(4学期)が終わり、1月末まで長い長いスクールホリデーに入っています。
何日か前に息子を連れて公園に散歩に行ったのですが、バンクシアというちょっと変わった花が咲いていました。

banksia
花も変わっているのですが、葉ものこぎりのような形で結構不思議な形をしています。

こんな花があちこちに咲いているところも、なんかオーストラリアらしいですよね。


Sponsored Link

ノートパソコンのfnキーについて


今回はノートパソコンのキーボードの話です。ノートパソコンのキーボードをよく見てみると、下の方にfnというキーがついていることが多いのですが、これにつて少し解説しようかと思います。fnキーは「エフエヌキー」や「ファンクションキー」などと呼ばれ、このキーとの別なキーを同時に押すことでキーに複数の機能を割り当てられるようになっているものです。

fn-key
一般的にWindowsノートパソコンのキーボードの一番上の列にはF1~F12というキーが並んでいます。それぞれF1~F12キーそれぞれにも機能もあるのですが、それに追加してボリュームコントロール、画面の外部ディスプレイとの切り替え、明るさの調整など、様々な機能が割り当てられています。この機能を利用する場合にはキーボードの下部にあるfnキー(ファンクションキー)との組み合わせで使う場合が多いのですが、パソコンによってどちらが優先になっているかが違うようなのです。どちらが優先になっているかは、一般的に上に書いてある方、大きく書いてある方が優先になっています。

たとえば、ワタシは大小2台のTOSHIBA Satelliteを使っていますが、まずこちらが大きい方のキーボードです。

big_satellite
F6キーというのが上に書いてあるので優先。そして、fnキーを同時に押すことで「画面の明るさを一段階暗くする」という機能が働くようになっています。

こちらが、小さいほうのTOSHIBA Satelliteです。

small_satellite
優先になっているのは上に書いてある「音楽を次の曲に早送りする」という機能の方で、fnキーを同時に押すとF6キーとしてつかえるようになっていました。同じSatelliteなのにキーの組み合わせが逆なんですね。不思議ですね。

ちなみに、MacBookProも、F6キーを押すと「画面の明るさを一段階暗くする」という機能で、fnキーと同時に押すと、F6キーとして使えるようになっていました。小さいほうのSatelliteと一緒ですね。どのキーにどの機能が割り当てられているかは、メーカーやパソコンのモデルによっても様々なので、なかなか覚えるのは難しいかもしれません。

そもそもF1~F12キーとは?


そもそもファンクションキーは特定の機能を持っているわけではなく、そのとき動かしているプログラムによっていろいろな機能が割り当てることが可能になっています。

ファンクションキーでもある程度共通化されているものも一部あります。たとえば、F1キーを押すと、ヘルプが表示される。F2キーを押すと名前を変えたり、文字列を編集できる状態になる、F3は検索に使われる、などです。これらについてもある程度共通化はされていますが、全てのプログラムでこのようになっているわけではないです。

また、F6~F10に関しては、日本語入力の際には半角文字に変換したり、全角文字に変換したり、という用途で使います。

このこのファンクションキーですがfnキーと組み合わせることで全然違う機能が使えたりするわけです。

例えば私が使っている大きいさいほうのTOSHIBA Satelliteは、

F1キーコンピュータのロック
F2キー電源プランの切り替え
F3キースリープ
F4キーハイバネーション
F5キー外部モニターの切り替え
F6キー画面の明るさ調整(暗く)
F7キー画面の明るさ調整(明るく)
F8キーWifiを使用する/しない
F9キートラックパッドの使用可・不可切り替え
F10キーなし

といった感じで、機能が割り当てられています。
また、小さいほうのTOSHIBA Satelliteは、

F1キーヘルプの表示
F2キー画面の明るさ調整(暗く)
F3キー画面の明るさ調整(明るく)
F4キー外部モニターの切り替え
F5キートラックパッドの使用可・不可切り替え
F6キー音楽プレーヤー(1曲前に戻る)
F7キー音楽プレーヤー(再生・一時停止)
F8キー音楽プレーヤー(次の曲へ)
F9キーボリュームを小さくする機能、
F10キーボリュームを大きくする機能、

といった感じで、機能が割り当てられています。
ずいぶんパソコンによって違いますね。

小さいSatelliteのどうしても許せなかった点


この小さいパソコン、お客様のところに持って行ったり、バスの中でブログのアイデアを下書きしたりするときに大変便利だと思って使い始めたのですが、実際使ってみると文字入力の部分が非常に使いづらいことに気が付きました。

私はiPhoneに比べてキーボードの方がかなり速く文字を入力できるため、キーボードでパタパタ打てる方が効率が良いのですが、入力中の文字をひらがな確定させたり、ローマ字で確定させたりと、文字入力の際にF6~F10というキーをよく使うんです。そのよく使う機能が、わざわざfnキーを押さなくては使えない状態になっているという点が私にとって致命的でした。

おまけにfnキーは左下の手のひらの下に隠れていて、Windowsキーとも隣り合わせなので、fnキーを押そうとして、Windowsのメトロ画面がどーんと出てきたりするとなんだか一気にやる気が失せてしまうようでした。

これはあまりにもひどいので、きっと解消法があるだろうと思い調べてみたところ、

Function key | Toshiba Satellite NB10T-A User Manual | Page 48 / 116

こちらのページで設定が変更できることがわかりました。
東芝のアシストモードというプログラムを利用すると、fnキーを押したときの動作と、押していないときの動作を入れ替えられるようになっているようです。

ボリュームを切り替えたり、明るさを変えたりする頻度はどう考えても通常のファンクション機能を利用する頻度に比べれば低いと思うのですが、なぜこれが優先になっているのか、私には理解できませんでした。音楽の再生とかでよくつかうのでしょうか?

fnキー問題は解決したのだが


設定を変更し、fnキーを押さずに入力できるようにすることに関しては、非常によかったのですが、それでもまだ困る点がありました。上の方の黒いキーボード画面を見てわかるように、F1~F12キーの名前が、キーの右下にfnキーと同様に灰色で小さく書かれているだけなんです。正直これは「かなり見えづらい」のです。

ずっとこんなパソコン仕事をしている割には目は悪くはないのですが、それでも見えにくいというのは、結構疲れるものです・・。

そこで・・

sticker_on_keyboard
シールを貼って分かりやすくしてしまいました。子どもの文房具に貼るための名前シールがあったので、適当な大きさに切って貼りました。見た目は大変イマイチなのですが、これで文字列変換の効率がまだ一段階一般のキーボードに近づくので、私にとっては見た目より、そちらの方が重要です。

まとめ


ファンクションキー、あまり使わないという方もいるようですが、特に日本語変換では大活躍しますので、使い方を覚えておくと日本語入力が速くなるので、ぜひ使い方を覚えてみてください。

【F6-F10キーでの変換例】
F6 ひらがな   ぎっつ → ぎっつ
F7 全角カタカナ ぎっつ → ギッツ
F8 半角カタカナ ぎっつ → ギッツ
F9 全角ローマ字 ぎっつ → gittu
F10 半角ローマ字 ぎっつ → gittu

という感じになっています。

今回の私の小さい方のパソコンは、通常のファンクションキーよりも、音楽プレーヤーの動作、ボリュームの調整など、音楽用途のボタンが5つもあり、長文のメールをガッツリ書く、というよりは、ネットサーフィンしながら音楽を楽しむ、みたいな、よりライトなシチュエーションでの使用を想定してこのようなキーになっているのかと思いました。

ノートパソコンのキーボードというのは、限られたスペースにレイアウトされているため、ものすごく無理がある配列の場合も結構あります。以前にも、特殊なレイアウトのキー設定を無理矢理変えてしまう方法という記事を書きましたが、機種によってはむちゃくちゃな詰め込み方をしていることもあります。ファンクションキーも同様で、本来は別々のキーにすればよいものをスペースがないので、fnキーのようなキーで切り分けるような構造になっているのではないかと思います。

この記事で、fnキーのようなキーボードの特殊キーの使い方がわかっていただければ幸いです。キーボードの入力が速く、正しく、行えるようになると、パソコンの使用効率がぜんぜん違ってきますので、是非マスターしていただければと思います。


Masahiro Natori

Masahiro Natori
こんにちはMasaです。39歳の時に16年勤めた会社を辞め、2013年4月に家族で日本からパースに引っ越してきました。2013年6月よりGITSに勤務。2014年1月にGITSのサポートでProgrammerとして457ビザを取得。 趣味は音楽を聴くことと、部屋のレイアウトを変えること、ドライブすること。
  • facebook
  • twitter