> 記事 > スポーツ ニュース パース紹介 マメ知識 地域情報 雑談 > Perth Wildcats 昨年に引き続き、8回目の優勝!

Perth Wildcats 昨年に引き続き、8回目の優勝!

2017.03.07.(Tue)Mizuho Kokubo By.Mizuho Kokubo

 

みなさんこんにちは! ライターの小窪瑞穂です。3月に入り、日もだんだん短くなり、もうそろそろ秋の気配が……? なんて思っていましたが、わりとまだ暑いですね! 私は暑いのは苦手なので、もうお終いにして欲しいです。

さて、先日3月5日(日)に、NBL(National Basketball League)のグランドファイナル(決勝戦)に行って来ましたので、今日はそのことについて書こうと思います。まずは、Perth Wildcats、優勝おめでとうございます!!!

 

Sponsored Link

オーストラリアで人気のあるスポーツと言えば……?

オーストラリアで人気のあるスポーツと言えば、クリケット、Footy(オーストラリアン・フットボール)、バスケットボールだそうです。あと、サッカーはここ最近、人気が出てきているみたいですね。

パースのバスケットボールチーム、Perth Wildcats!

さて、バスケットボールの決勝戦ですが、なんと我らがPerth Wildcatsが優勝! しました。12月には一度ランキング最下位まで落ちて絶望的だったのに、その後快進撃を続け、まさかの優勝。いやはや驚きました!

NBL, Wildcatsについて

オーストラリアのNBLの歴史はというと、1978年に発足。発足以来、チームの数は増えたり減ったりしながら、現在はニュージーランドを含む全8チーム。

ADELAIDE 36ERS, BRISBANE BULLETS, CAIRNS TAIPANS, ILLAWARRA HAWKS, MELBOURNE UNITED, NEW ZEALAND BREAKERS, PERTH WILDCATS, SYDNEY KINGS.

Perth Wildcatsは発足もリーグ加盟も、1982年。実は最も成功しているチームと言え、今年31年連続決勝リーグ(play offs, finals)進出、13回目の決勝(Grand Final)進出、8回目の優勝(Champion)を収めました。これはすごいですね! 私がオーストラリアに来てからもすでに3回目の優勝。

チームカラーは赤で、Perthアリーナは赤一色になります。ホームゲームのある日は、シティにも赤を着ている人が多いので、一般の人もああ今日はWildcats試合なんだな、とわかりますよね。

決勝戦は、Perth Wildcats vs ILLAWARRA HAWKS。苦しい闘いも何度かありました。こちらは相手チームのフリースロー、全力で気を散らそうとするWildcatsファン、こんなのありだからなあ(笑)



ちなみに、ILLAWARRA HAWKSは名前を変えたのでややこしいのですが、NSWのWollongongという街のチームです。

このように赤一色、大熱狂のパースアリーナ  – Photo from Perth Arena



 

後半はかなり接戦でしたが95−86でPerth Wildcatsが優勝!



 

歓喜する観客、詰めかける報道陣。選手のみなさんも本当にうれしそうで素敵な笑顔でした。



 

私は2012年からPERTH WILDCATSメンバーで、メンバーと言うとチームの一員みたいですが(笑)、シーズン通してお金を払っている日本語で言うところのいわゆるサポーターです。なので、個人的な用で行けない限り、Perthであるホームゲームは全試合観に行きます。私の場合、スポーツ観戦好きの夫の影響なのですが、バスケットボールは私自身小学校から高校までしていたので、かなり熱狂出来、毎試合楽しんでいます。ちなみに、さすがにFootyはメンバーにはなっていません。同じ温度でうぉりゃー! ってなれませんからね、って話が逸れました(笑)。バスケはね、自分がやっていたのでね。

もちろん、メンバーにならなくても、その試合毎にチケットを購入することが出来ます。方法は二つあって、オンラインかアリーナのチケットカウンターにて購入出来ます。

 

特筆すべき出来事

今シーズンのMVPはアメリカNBAからやって来たBryce Cotton (#0)選手。俊敏でしなやかな動き(特に空中でのアクロバティックさ)にはシーズン通して驚かされましたが、決勝戦は驚異、45得点を決めました。私の好きなJesse Wagstaff (#24)選手はこの日が250回目の試合。そして、キャプテンを務めていた時期もあったShawn Redhage (#42)選手は、惜しまれつつこの試合をもって引退。393試合出場、うち4回優勝を経験しました。すごく寂しいですが、最後を優勝で飾れて本当によかったなあと思いました。

 

おわりに

私は何回かそもそもスポーツにあまり興味のない友達を試合に連れて行ったことがあるのですが、それでもすごく楽しんでいたので、興味がちょっとでもある方はもちろんのこと、ぜひ一度試合観戦を体験してみて欲しいです。日本の試合ってしーんとしているのが普通な気がするのですが、こちらは音楽も効果音(自分たちがシュートを決めた時/相手チームがシュートを外した時など)もMCも凝っていて面白いんです。チアガールのダンスや試合の合間にある数々のエンターテインメントも、かなり気が利いていて、それも含めて楽しめること間違いなしです。では、また! (小窪瑞穂)

 

NBL official
http://www.nbl.com.au

PERTH WILDCATS official
http://www.wildcats.com.au

 

ちなみに私が一年半ほど前に書いたAFLについての記事です。よければこちらもご笑覧ください。「シーズン真っ最中のAFL、グランドファイナルの行方は?」
http://gitsint.com.au/2015/08/21/3023/

Mizuho Kokubo

Mizuho Kokubo
2000年から音楽ライターとして活動。関わったおもな媒体はフリーマガジン『bounce』、『TOWER』、『mellow out』、音楽誌『Barfout!』、『MARQUEE』、カルチャー誌『splash!!』、ムック本『Fishmans THE LONG SEASON REVUE』等。2012年に渡豪。使用言語が二つになり、新たな言語愛に目覚める。好きなことは、読書、映画鑑賞。音楽ももちろん好きです。
  • facebook
  • twitter