> 記事 > ニュース パース紹介 > パースの降雨レーダーについて調べてみた

パースの降雨レーダーについて調べてみた

2017.08.04.(Fri)Masahiro Natori By.Masahiro Natori
カテゴリー:ニュース パース紹介

こんにちは、masaです。

パースは雨の多い時期です。先日、パースにはひどい嵐の日がありました。

Weather warning: Suspected tornado hits Perth’s north as storm sweeps through – ABC News (Australian Broadcasting Corporation)

激しい風と、たたきつけるような雨が降り、危険を感じるほどでした。いくつかの地域では停電もあったようです。弊社の平田の自宅の前の通りで電線が切れた影響で停電し、復旧までに10時間もかかったそうです。以下の写真はその復旧工事の様子を撮影したものです。


こんな風雨が激しい時には、雨がどんな状況か気になりますよね。私が日本にいたときには、このような時はだいたい東京アメッシュという、現在の降雨状況をメッシュで表示してくれるWebサイトを見ていました。結構正確な降雨情報がリアルタイムでわかるので、重宝していました。

このような現在の降雨情報がリアルタイムでわかるサイト、実はパースにもあるんです。

日本のサイトに比べると、データ重視の武骨な感じですが・・。


こちらでパース周辺の降雨状況を確認することが出来ます。
本来であれば、このような画面はパースが中心に来てほしい感じなのですが、どうも中心点がパースよりも数十キロ南にズレています。そして、タイトルから分かると思いますが、128km Perth (Serpentine) Rader Loop となっており、このレーダーは Serpentineというリージョンにあることがわかります。

調べてみると、このようなページがありました。
Learn About Australian Weather Watch Radar
ここで、オーストラリア全土に設置されているレーダー詳細、カバーしているエリア、どのようにレーダーが働いているのか、などを知ることができます。

実際にRaderが設置されている場所はHopeland というサバーブにある、Yangedi Rd という道路の脇にあるようです。

目の前まで行けるのかと思い、Google Street Viewで確認したところ・・

ゲートが設置されていて一般の人は立ち入り禁止のようでした。

拡大してみると・・

おお、レーダーが見えました!

パースの降雨情報は、ここで計測されているんですね。

調べてみると、レーダー施設のすぐ近くで写真を撮っている方がいるので、許可などがあれば、近くまで行けるのかもしれません。
Serpentine Western Australia. Serpentine Photos by Mingor

ちなみに、東京アメッシュのデータを収集しているレーダーについては、港区と稲城市にレーダーがあるそうです。やはりパースのレーダー同じように、丸い形をしているんですね。
稲城のレーダー:南多摩水再生センター|東京都下水道局

Sponsored Link

まとめ


パースのリアルタイム降雨情報は Bureau of Meteorologyのサイトで確認できます。

地図の中心はパースにはなってないので、注意しましょう。

Masahiro Natori

Masahiro Natori
こんにちはMasaです。39歳の時に16年勤めた会社を辞め、2013年4月に家族で日本からパースに引っ越してきました。2013年6月よりGITSに勤務。2014年1月にGITSのサポートでProgrammerとして457ビザを取得。 趣味は音楽を聴くことと、部屋のレイアウトを変えること、ドライブすること。
    関連する記事は見当たりません。
  • facebook
  • twitter