> 記事 > パース紹介 マメ知識 地域情報 雑談 > 着心地最高のMARGARET RIVER産ヘンプ。

着心地最高のMARGARET RIVER産ヘンプ。

2017.10.02.(Mon)Mizuho Kokubo By.Mizuho Kokubo

みなさんこんにちは、いかがお過ごしですか? 季節は春、といってもまだときどき寒いパースですが、これからどんどん暖かくなり、気がつけばもう夏! になる前に、長い間ずっと記事を書きたいなあと思っていた、マーガレット・リバー産ヘンプを取り扱うブランド、MARGARET RIVER hempcoさんについてご紹介したいと思います。マーガレット・リバーですから、もちろんWAローカル・プロダクト。ショップはマーガレット・リバーの町の中心地とフリーマントルに2店舗あります。私は5年くらい前にふらっとフリーマントルのショップに入ったのが出会いです。なんとなく、スカートを買ったのですが、その着心地の良さに感動し、以来シーズン毎に何か買い足しています。

こちらはフリーマントル店、もうすぐ夏物が入荷します!(Fremantle Shop)


ヘンプって何?

たくさんある麻の種類の中でも、最も天然で地球に優しい、さらには用途の広い植物。天然のヘンプはすばらしく耐久性があり、洗うほどに新たな風合いを現し、使うほどに柔らかくなります。ふさわしいお手入れをほどこせば、たちまち一生モノとなります。なんて魅力的!

ヘンプを使った着心地最高の衣服
いいものを長く使うのが好きな私は、すっかりhempcoの虜になりました。デザインが格好いいとかお洒落とかで服を買っても、着心地がイマイチだと結局着なくなりますよね。hempcoの服には、この着心地をどんなふうにほかのアイテムと仕上げよう、と組み合わせを考える楽しみがあります。これから夏に向かうので、ご紹介する絶好のタイミングだなと思いました。ヘンプは水分をすばやく吸収するので、いつも涼しく心地よいのだそうです。また、ヘンプだけでなくバンブーやコットンと合わせた柔らかい生地もあります。

100%ナチュラルヘンプから作られた、使い心地のよいさまざまな製品。


ボディケア、ヘアケア製品も!

100%ナチュラルヘンプから作られた、ボディケア、ヘアケア製品も充実。健康な肌や髪を養います。WA産ということで、日本に帰るときのお土産にすることも。ですから、もちろんさまざまなシーンでのギフトにも最適です。手軽なのはリップバームやボディクリームなどでしょうか。もちろんメンズ用もあります。それから、ファブリック! なんとシーツやベッドカバーなどの製品も充実。私が次に狙うは寝具のためのヘンプファブリックです。気持ちいいだろうなぁ。それから、忘れてはいけない、チョコレートやヘンプシード、ヘンプシードオイルなど、フードもあるのでした。ヘンプシードオイルは人間の身体が必要とする天然油分のほとんど理想のバランスなのだそう。皮膚へ浸透しやすく、乾癬、湿疹、皮膚炎に効果があるそうです。

チョコレートも!?


おわりに

先週フリーマントルのショップに行ったら、セール中でした。まだ夏物は入荷しきっていなくて、ショートパンツの入荷待ちをしている私です。この着心地の良さは言葉の表現から感じ取るよりぜひ、一度ショップに足を運んで実際のヘンプの生地に触れてみてください。マーガレット・リバー店もフリーマントル店も毎日営業しています。営業時間はofficial websiteでチェックしてくださいね。

MARGARET RIVER hempcoは、UWAで開催される人気のマーケットのひとつ、Perth Upmarketに出店しています。中にはマーケット価格になっている商品もあるので、ぜひ行かれたら立ち寄ってみてください。次回は11月26日(日)です。
http://www.perthupmarket.com.au/event/perth-upmarket-november-2017/

(文/小窪瑞穂)

 

マーケットではこんなふうにディスプレイされています。



(※写真はすべて使用許可を得ています。)
MARGARET RIVER hempco
ONLINE SHOPPINGはこちら (Official Website)
www.hempco.net.au

Facebook
https://www.facebook.com/margaretriverhempco

Instagram
https://www.instagram.com/mrhempco/

 

関連リンク
http://hemphomesaustralia.net.au
http://ihempwa.org

http://hempmasonry.com.au

 

 

Mizuho Kokubo

Mizuho Kokubo
2000年から音楽ライターとして活動。関わったおもな媒体はフリーマガジン『bounce』、『TOWER』、『mellow out』、音楽誌『Barfout!』、『MARQUEE』、カルチャー誌『splash!!』、ムック本『Fishmans THE LONG SEASON REVUE』等。2012年に渡豪。使用言語が二つになり、新たな言語愛に目覚める。好きなことは、読書、映画鑑賞。音楽ももちろん好きです。
  • facebook
  • twitter